ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

2017夏の甲子園、長野大会の展望&注目選手

2017年06月25日

サンケイスポーツの長野大会展望
各校とも力が拮抗しており、混戦は必至だ。春季大会で優勝した小諸商は、140キロ台の速球を持つ高橋を軸に春夏通じて初の甲子園出場を目指す。一昨年夏の甲子園を経験したエース・工藤を擁する上田西は、守備力に自信を持つ。つなぐ攻撃が持ち味の松商学園、昨夏代表の佐久長聖東京都市大塩尻なども面白い存在。

長野大会の日程=7月8日~7月23日
長野大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツニッポンの長野大会展望
春の県大会を制した小諸商が140キロ超右腕・高橋を軸に初優勝を狙う。2連覇に挑む佐久長聖は昨夏甲子園を経験したエース塩沢が健在。機動力の上田西、強打の東海大諏訪、堅守の東京都市大塩尻も力の差はない。長野商松商学園松本深志松本第一などノーシード校も侮れない。

長野大会の日程=7月8日~7月23日
長野大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



下は長野県のドラフト出身校ランキングです。

1位 松商学園(10人)
2位 東京都市大塩尻(4人)
3位 松本工(3人)

長野県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 08:16│ 高校野球地方大会展望 
ドラフトニュース検索