ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

イチローを発掘した名スカウト、自殺の真相(その3)

2017年07月19日

7/14、日刊ゲンダイ26面「球界への遺言」より 

1998オリックストドラフト1位 新垣渚
沖縄水産高・投手・18歳

新垣サイドは案の定、かたくなだった。1998 年11月20日のドラフトで、オリックスは「ダイエー以外なら進学」の新垣渚(沖縄水産高)を1位指名した。翌朝、当時の編成部長で、新垣を担当する三輪田勝利は沖縄へ。新垣の自宅を訪れたものの、雨中、3時間も待ちぼうけを食らった揚げ句、本人への対面はかなわなかった。

翌22日には新垣が九州共立大に進学誓約書を提出した。交渉の突破口は沖縄水産高野球部の栽弘義監督だと思った。新垣に地元・九州のプロ球団に行きたいという思いはあるにせよ、高校生がひとりで、ダイエー以外は進学という絵図を描き、それに沿って動けるはずがない。

ダイエーと新垣の間のパイプ役が必ず必要だ。それが栽監督かどうかは定かでないにせよ、恩師であれば、新垣に対してそれなりの影響力をもっているに違いない。本人への扉が開かない以上、我々はターゲットを栽監督に絞った。

三輪田は沖縄水産高に日参した。グラウンドにも足を運んだが、しかし、栽監督は当初、頑として三輪田に会おうとしなかった。むしろ、会うことを避けた。九州担当の山本公士には会うのに、新垣との交渉役の三輪田には顔も見せなかった。

「ダメです、代表。何度、グラウンドに行っても、栽さんに会えないんです。山本さんは会えるんですが・・・」。それなら山本スカウトを通して話を進めろと指示したものの、らちが明かない。山本も三輪田に対して、いま、行っても栽監督には会ってもらえない、と言っているようだった。

さまざまな沖縄の有力者に連絡を取って、手伝って欲しいと頼み込んでも、状況は変わらなかった。そうこうするうちに、交渉にある人物が入ってきた。具体的な職業はわからないが地元沖縄の人間で、栽監督と親しいという。山本もその人物とは面識があるようだった。

その人物は最初、どうやっても無理、栽監督は会わないと言っていたが、あるとき、状況が変化した。要するに裏金だ。栽監督と親しいというその人物が、裏金を5000万円払えば、自分が栽監督に話をつけると。そういう趣旨のオファーが山本を通してなのか、三輪田のもとにあったというのだ。

三輪田はすぐに連絡してきた。「もう、この話は降りましょう」、「どうしたんや」、「栽監督との間に入っている人が、裏金で5000万円をよこせと言ってきたんです。これはもう、無理です。あしたもう、僕は帰ります。この話はなかったことにしましょう」。三輪田はこう言って、交渉の打ち切りを訴えてきた。(つづく)



上の記事はオリックス・元球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

下は1998ドラフトでオリックスが指名した選手です。新垣渚は1位指名されるも入団拒否しました。

オリックスの1998ドラフト指名選手
1位新垣 渚沖縄水産高投手
2位川越 英隆日産自動車投手
3位相川 良太東海大内野手
4位木村 昌広日立製作所投手
5位徳元 敏東農大生産学部投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:26│ ドラフトのウラ話 | オリックス
ドラフトニュース検索