ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

篠原翔太(報徳学園)、中日「打撃いいしリード丁寧」

2017年07月24日

7/24、サンケイスポーツ6面より

篠原 翔太 (報徳学園高・捕手)
177cm・右投右打・動画

甲子園にまた一歩近づいた。3安打2打点と活躍した篠原(動画)がチームを兵庫8強に導いた。「(三田松聖は)反撃する力があるので、できるだけ点差を開けたいと思っていた。走者がいるときに、かえせてよかった」

3番・小園が二死から先制弾を放った一回に、続けて今大会初の長打となる左越え二塁打を放っていい感触をつかんでいた4番は、6―2の六回二死二塁で左前適時打。さらに7―2の八回二死二塁でも左前に適時打を放ち、相手に引導を渡した。

ネット裏には阪神、巨人など6球団のスカウトが集結した。篠原は、守っても、4番・直井、5番・稲富の2人を5打数無安打(1死球)に抑えてみせ、中日・米村スカウトは「打撃もいいし、リードもていねい」と評価した。

高校通算24本塁打の長距離砲は、4番に座りはじめた昨夏は市尼崎に0―1で敗れ、準々決勝で敗退した。5試合で17打数1安打3打点と役目を果たせなかったことは「鮮明に覚えている」という。

悔しさを糧に、長打力アップを目指してウエートトレに励み、体重は昨夏から4キロ増の80キロに。「打球の伸びが変わった」と成果を実感している。今夏はここまで4試合で13打数7安打、6打点と絶好調。大角監督も「しぶとく点にからんで、4番の仕事ができている」と目を細めた。

次は昨年散った準々決勝。相手は関西ナンバー1右腕の呼び声高い山本拓実を擁する市西宮だ。「(山本は)いい投手。細かい野球で1点、1点を取っていきたい」と、山本を攻略しての昨夏超えを誓った。

(7月23日 兵庫大会5回戦 報徳学園8―2三田松聖)



篠原君のバッティング動画はこちら

篠原君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 08:24│ 中日 
ドラフトニュース検索