ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

イチローを発掘した名スカウト、自殺の真相(その8)

2017年07月25日

7/22、日刊ゲンダイ42面「球界への遺言」より 

1998オリックストドラフト1位 新垣渚
沖縄水産高・投手・18歳



編成部長の三輪田勝利が沖縄の賃貸マンションから身を投げて亡くなり、こちらから矢野清管理部長以下、数人が現地に足を運んだ。その中のひとり、あれはスカウトの流敏晴の話だったと思う。彼らが地元の警察に挨拶に行ったとき、三輪田の遺体はまだ、署内にあった。若い事件担当の警察官が上司に対して、盛んにこう言ったそうだ。

「これは事件ですから、解剖にしましょう」。三輪田が賃貸マンションから身を投げた一件は当時、新聞やテレビが大事件として大々的に報じていた。「事件」なら解剖に出すべきだという若手警察官の言い分は理解できる。しかし、彼の上司は、取りつく島もなかったという。「いいんだ、いいんだ。これは自殺だ。ハッキリしているのだから、解剖なんか必要ない」

彼らのやりとりを目の前で聞いていた流も不自然に感じたようで、警察官の上司の態度は、むしろ解剖をさせまいとしているように受け取れたという。

それと、わたしが見たわけではないが、ウチの何人かは三輪田が身を投げた直後、現場を見ている。スカウトのだれが言ったのか失念したが、飛び降りたマンションの壁には、ガーッという、ものすごい引っかき傷が残っていたそうだ。覚悟を決めて飛び降りたとすれば、果たして、そんな引っかき傷がつくだろうか。あるいは、だれかに突き落とされたのか。だから、ひどい傷がついたのか。

三輪田はくだんの賃貸マンションの存在すら、当初は知らなかったと思う。裏金によって重い扉は完全に開いたはずなのに、交渉の数時間前に身を投げるということ自体、そもそも、わたしには信じられなかった。加えて繁華街のホテル、妙な賃貸マンション、警察官の上司の発言、賃貸マンションに残された壁の引っかき傷・・・おかしなことがたくさんある。

ともあれ、三輪田の死は自殺と断定され、翌99年、労災と認定されたのは、残された家族のことを思えば救いだった。三輪田には奥さんと2人の娘さんたちがいた。結果として部下である三輪田を死なせてしまったことについて、球団であり、わたしの責任は重い。

沖縄水産の栽監督、現地で事後処理をした矢野管理部長、警察官のやりとりを聞いていた流スカウト・・・当時の関係者の多くがすでに鬼籍に入った今となっては、事件の真相にたどり着けるはずもなく、頭の中では今も疑問符が渦巻いている。三輪田の最後の気持ちを酌んでやることができないままでいるのは、彼に対して申し訳ない思いでいっぱいだ。



上の記事はオリックス・元球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

下は1998ドラフトでオリックスが指名した選手です。新垣渚は1位指名されるも入団拒否しました。

オリックスの1998ドラフト指名選手
1位新垣 渚沖縄水産高投手
2位川越 英隆日産自動車投手
3位相川 良太東海大内野手
4位木村 昌広日立製作所投手
5位徳元 敏東農大生産学部投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:06│ オリックス | ドラフトのウラ話
ドラフトニュース検索