ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

増田珠(横浜)3試合連続本塁打、DeNAが高評価

2017年07月29日

7/29、サンケイスポーツ3面より

増田 珠 (横浜高・外野手)
178cm・右投右打・動画

七回先頭で打席に立った横浜の主砲が、横浜スタジアムの空に放物線を描いた。4番・増田(動画)が桐光学園の左腕、冨田冬馬投手の変化球を捉え、バックスクリーン右へ。さらに九回、今度は左翼席へ2打席連続となる高校通算32号ソロ。最近3試合で4本塁打と「横浜の4番」にふさわしい力を示し、チームを決勝に導いた。

「1本目は外のチェンジアップかと・・・。打席では“右中間に引っ張る”という意識で、右手の押し込みがうまくいった。2本目は狙った真っすぐを思い切り振れた」。3試合連続本塁打は史上8人目の神奈川大会タイ記録。これで1年夏から、この球場での8試合で6本目のアーチだ。それでも増田は「自分はつなぎの4番です」と殊勝な言葉を口にした。

熱心なファンに「ハマスタの申し子」と認知されてきたが、もはやファンだけでない。ハマスタを本拠地とするDeNAの稲嶺スカウトが視察後、舌を巻いた。「泳いだとはいわないが、崩される感じで振って中堅右まで飛ばしていくパンチ力。(球場との相性は)あるでしょう」

筒香をはじめ、横浜高OBが多く在籍するDeNAの担当者も認める能力。六回に背走しながらの好捕も見せた右打ちの外野手は「(観衆が)たくさん入る、ここではプレッシャーがかかって、かえって打てる」と頼もしく言い切った。今大会通算で打率・524、4本塁打、8打点。2008年に大田泰示(東海大相模)が樹立した5本塁打の大会最多記録達成の期待もかかる。

「きょうは、好守備を打撃に生かした増田に尽きる。決勝では投手、バッテリーが失点を最小限にし、守備から、ですね」と平田監督。右肩上がりで調子を上げる主砲とともに、横浜が3年連続の決勝に駒を進めた。

(7月28日 神奈川大会準決勝 横浜10―6桐光学園)



増田君のバッティング動画はこちら

増田君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:08│ 横浜DeNA 
ドラフトニュース検索