ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

2017夏の甲子園、展望&注目選手(中日スポーツ)

2017年08月05日

8/5、中日スポーツ6面「展望」より
史上初の2度目の春夏連覇が懸かる大阪桐蔭と、3季連続で甲子園4強の秀岳館を軸に優勝争いが繰り広げられそうだ。

センバツを制した大阪桐蔭エース・徳山(スカウト評)、投打二刀流の根尾(スカウト評)に加えて2年生の柿木(スカウト評)が台頭。打線も高校日本代表候補に選ばれた藤原(スカウト評)ら強打者がそろう。

秀岳館は140キロ台後半の直球を投げる田浦、川端(スカウト評)の両左腕を筆頭に経験豊富。初戦で激突する横浜との優勝候補対決を乗り越えれば、一気に勢いづくだろう。

追いかけるのは関東勢。秀岳館に挑む横浜は神奈川大会で4戦連続を含む5本塁打を放った増田(スカウト評)らタレント揃い。140キロ超の4投手を擁する前橋育英149キロ右腕・清水(スカウト評)と埼玉大会で打率5割、18打点の西川(スカウト評)が引っ張る花咲徳栄、連覇を狙う作新学院もレベルが高い。

木更津総合は1年時から活躍する遊撃手・峯村貴(スカウト評)が攻守の柱。二松学舎大付東海大菅生の東西の東京勢は投打ともに充実の布陣で臨む。

大会第4日に秀岳館―横浜をはじめ、中京大中京―広陵興南―智弁和歌山大阪桐蔭の初戦と注目の試合が集中した。春8強の盛岡大付―作新学院も好カード。大会第3日の早稲田佐賀聖心ウルスラ学園の一戦はいきなりの九州対決だ。

昨夏の準優勝メンバーが多く残る北海仙台育英天理明豊も頂点を狙う。75歳のベテラン、大井監督が今夏限りで退任する日本文理や公立進学校の東筑彦根東の戦いぶりにも注目したい。



2017夏の甲子園出場校のスポーツ紙の評価はこちら

2017夏の甲子園予想コンテストを行います。予想が好きな人はこちらへ
(8月7日午前10時20分締め切りです。お早めに・・・)



draftkaigi at 07:57│ 甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索