ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

伊藤康祐(中京大中京)、高卒プロ入りめざす

2017年08月06日

8/6、中日スポーツ9面より

伊藤 康祐 (中京大中京高・二塁手)
173cm・右投右打・動画

強力バッテリーを擁する広陵との対戦が決まった中京大中京は早速、打撃中心の練習をこなした。中でも愛知大会で打率・407を記録した1番・伊藤康(動画)は左に右に鋭いライナーを連発した。「低く、強い打球を意識した。このまま状態を上げていきたい」と伊藤康。

前夜は動画サイトで相手の146キロ左腕・平元の投球をチェック。「外角のストレートがシュート回転して打ちにくそう。でも速さには対応できる」と言い切った。

大阪入りの前に、2歳上の兄・寛士(法大)から「楽しんでこい」とエールを送られた。寛士は前回出場した2年前のチームの主砲。高校日本代表としても活躍した強打の捕手だった。ガッチリ体型の兄とは対照的に、弟は高校通算20本塁打の長打力に加えて50メートルを5秒8で駆ける俊足も売り。

中学時代は世界大会に出場して優勝し、MVPにも選ばれた逸材だ。高校では兄に続いて日本代表候補入り。広陵もバッテリーが同候補に選ばれているだけに「負けられない」と話す。

高校からプロ入りを目指す伊藤康にとっては甲子園は大きなアピールの場でもある。「この大会の結果次第でチャンスはあると思う」と表情を引き締めた。チームの勝利が何よりも優先だが、自身の夢も懸かる。プロ注目投手を打って、実力を証明する。



伊藤君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:11│ プロ志望届 
ドラフトニュース検索