ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

スカウトの逆襲、高校生投手の見分け方

2017年08月06日

8/7、日刊ゲンダイ38面「スカウトの逆襲」より
「おまえさ、選手にとって何より大事なのは素質だってこと、もちろん分かってるよな?」。週明けから夏の甲子園が始まるし、メシでも食おうって部長に誘われて付いていったら、こんなことを言う。当然ですよって、ここまで出かかったけど、部長がせっかくヒントをくれそうなんで黙ってたんだ。

「駄馬にいくらいいエサをくれても、いい調教をしても、サラブレッドにはならねーだろ。ファームの試合を見てれば、箸にも棒にもかからないのがいくらでもいる。そんな連中に極力、手を出さないようにするってのが、オレたちにとっちゃ大事なことなんだ」

こういうヤツは見どころがある、可能性があるって話は耳にタコができるくらい聞かされてるけど、逆はめったにない。そうですね、なんて相づちを打ちながら、思わず身を乗り出したよ。投手では球速が遅いヤツ、投げ方やコントロールが悪いヤツは、まず、プロでは難しいらしい。

「球速のメドは138キロくらい。これより遅いと、ちょっとなぁ。投げ方が悪いってのは、フォームがスムーズじゃなく、ボールの出どころが見やすいピッチャー。で、コントロールは・・・」。と言う部長をさえぎって、「コントロールがヒドいピッチャーが甲子園に来られるわけがありませんよ」って水を向けると、「それが、ゴロゴロしてるのさ」と、こう続ける。

「逆球を投げるピッチャーがいるだろう。キャッチャーがミットを外角低めに構えてるのに、内角低めや外角高めに投げるヤツが。左右のミスはさほど問題なくても、高低をとんでもなく間違えるのは致命傷のケースが多いんだ」

そんなのは捕手の構えるミットの位置まで細かくチェックしてなけりゃ分からない。部長からそんな話を聞かされたら、おちおち居眠りもできやしない。甲子園には大会前日に入る。スカウト会議も兼ねた食事会の後、久々に兎我野町のスナックに繰り出そうと思ってたけど、懐もさびしいし、今年はやめておこうっと。 (プロ野球覆面スカウト)



2017高校生のドラフト候補一覧はこちら

2017大学生のドラフト候補一覧はこちら

2017社会人のドラフト候補一覧はこちら



draftkaigi at 07:10│ 高校 
ドラフトニュース検索