ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

2017夏の甲子園、注目校と注目選手(スポーツ報知)

2017年08月07日

8/7、スポーツ報知12面「注目校、注目選手&担当記者V予想」より

デスク

「さあ夏の甲子園が開幕だ。まずは各担当から優勝候補を聞こうか」

山崎記者
「本命は作新学院です。準決勝では青藍泰斗の関東ナンバー1右腕・石川翔を、無死一塁から下位打線の強攻策で撃破。積極的かつ緻密な小針野球は、夏の聖地でピークを迎えると予想します。今井(西武)を擁した昨夏に続き、史上7校目は十分あります」

青柳記者
前橋育英を推します。エース皆川、中堅・丸山、左翼・吉沢は打線でも中心的存在で、二刀流としてフル回転。193センチ右腕の根岸を加えた最速140キロ超カルテットは強力です」

種村記者
「2度目の春夏連覇がかかった大阪桐蔭が大本命。一番の強さは接戦での粘り。大阪大会では準々決勝から3試合連続逆転勝ち。試合の流れを奪われそうな局面で失点しても、次のイニングでは、ほぼ必ず得点を挙げることから、桐蔭カウンターと命名しました」

デスク
「早実・清宮を筆頭に履正社・安田、九州学院・村上・・・。ドラフト上位候補とされる選手が不在なのは寂しいけど、注目選手は?」

山崎記者
木更津総合の最速149キロ左腕・山下(動画)は、5戦連続完投で激戦区・千葉を制しました。あるパ球団スカウトは、『プロで185センチ以上で大成した左腕は少ないけど、山下は覆すだろう』と力説していましたね」

青柳記者
広陵の小林2世・中村(動画)は、181センチ、78キロと大柄ながらスピード感があり、広島・川端編成グループ長は、『高校時代の小林より、全ての面で上』と絶賛。一方、世界一を懸けてWBCを戦った先輩・小林は打率が2割台前半・・・。広陵の捕手っていうだけで、小林2世はどうなの?という声も各方面からチラホラ・・・」

種村記者
「神戸のあばれる君こと、神戸国際大付の捕手・猪田(動画)が面白い存在です。春以降は巨人・坂本を参考にフォーム改造へと取り組み、神戸のさかもと君に変身。しかし、部内でのあだ名はブーちゃんとキャラが定まらないのが悩みの種です・・・」

青柳記者
「打者では今大会出場最多の高校通算60本塁打を放っている盛岡大付・植田(動画)、ドラフト候補の花咲徳栄・西川(動画)横浜・増田(動画)ですね。秀岳館・竹輪は、熊本大会で打率・762をマーク。投手では、U18W杯第1次候補に選ばれた藤枝明誠のサイド右腕・久保田秀岳館の川端(動画)、田浦(動画)の両左腕らに注目です」



2017夏の甲子園出場校のスポーツ紙の評価はこちら

2017夏の甲子園予想コンテストを行います。予想が好きな人はこちらへ
(8月8日午前10時20分締め切りです。お早めに・・・)



draftkaigi at 10:11│ 甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索