ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

中村奨成(広陵)、巨人・ロッテ「1位12人に入る」

2017年08月12日

8/12、サンケイスポーツ1面より

中村 奨成 (広陵高・捕手)
181cm・右投右打・動画

4万7000人のどよめきで、甲子園が2度揺れた。広陵の3番・中村(動画)が圧巻の2発。逆転勝利の立役者となった。「今まで打った本塁打の中で、一番気持ちよかった。流れがほしかったので、打ててよかったです」。

そう振り返ったのは、0―2の六回一死で放った1本目だ。中京大中京・香村の直球を強振。右打席からの打球は、右中間最深部のスタンドに飛び込んだ。これで重かった空気を吹き飛ばすと、打線が目覚めて一気に逆転。

そして中村の続く打席は八回二死でやってきた。今度は右翼ポール際へ、高校通算40号となる2ラン。4安打、3打点、2本塁打と暴れまくった。

広島大会は2回戦で右手首に死球を受けた影響で、打率・176。しかし準決勝と決勝で本塁打を放ち、調子を取り戻しつつあった。そして甲子園で本領発揮。守備でも六回無死一塁のバント処理で強肩を披露し、二塁封殺。バックネット裏で見つめたプロのスカウト陣は、そろって目を丸くした。

ロッテ・松本編成部長は「打てる捕手としての魅力が一番。肩もあるし、足も捕手としては速い。今、プロでも打てる捕手はそんなにいない。1位候補に挙がるでしょう」と評価。巨人・岡崎スカウト部長は「2本目は流し打ちというより、右方向へたたいた感じの当たりだった。肩も足もある。高校で1番の捕手。秋の12人には入るようになるでしょう」と、今秋のドラフトで12球団のどこかに1位指名されることを予測した。

広陵の先輩には巨人の正捕手、小林誠司がいる。中村は「まだまだです。追いつけるよう頑張りたい」と目標にする。だが、打撃だけでなく、二塁送球が2秒を切る強肩と50メートル6秒0の俊足と三拍子そろった中村を、中井哲之監督は「広陵史上一番いい捕手」と称し、“小林以上”と高く評価した。

(8月11日 夏の甲子園1回戦 広陵10―6中京大中京)



中村君のスカウト評はこちら

中村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:10│ 巨人 | ロッテ
ドラフトニュース検索