ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

阪神、清宮進学なら村上宗隆・安田尚憲が1位有力

2017年08月14日

サンケイスポーツwebsiteより (source)
虎のドラフト評価をズバリと書きます。早実・清宮幸太郎一塁手(動画)が不動の評価ナンバー1。続くのが九州学院・村上宗隆捕手(動画)履正社・安田尚憲三塁手(動画)、いずれも超高校級の左打者です。高校野球の夏の甲子園大会は8月8日に始まりましたが、阪神の注目する3選手は本大会出場を逃しました。

10月26日のドラフト会議では誰が1位指名か・・・。全ては清宮が10月12日までに日本高等学校野球連盟にプロ野球志望届を出すか否かで決まります。プロ入り表明なら清宮1位。大学進学なら村上か安田が1位でしょう。(以下略)



阪神・金本監督は九州担当・田中秀太スカウトの力量をめちゃくちゃ買ってます。梅野、松田、中谷・・・。「これだけいい選手ばかり獲ってくるなら、もっと早う秀太をスカウトにさせとけば良かった」は評論家時代の有名な金本語録ですが、監督就任後も田中秀太スカウトの高評価は変わらず、2年連続、同スカウト担当の九州の選手を指名しています。

となると、村上(九州学院)1位指名はあるかもしれませんね。田中秀太スカウトが強気で押し込んできたら金本監督もノーとは言えないでしょう。2015ドラフト3位・竹安指名の時も、金本監督は「秀太(スカウト)がどうしても・・・と言うから」と後日、田中秀太スカウトの猛烈プッシュがあった舞台裏を明かしています。


村上君(九州学院)のスカウト評はこちら

安田君(履正社)のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:09│ │阪神 
ドラフトニュース検索