ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

西川愛也(花咲徳栄)、日ハム「ウチの西川に似てる」

2017年08月15日

8/15、夕刊フジ29面より

西川 愛也 (花咲徳栄高・外野手兼一塁手)
180cm・右投左打・動画

「将来はプロに行きたい。走攻守で高いレベルの選手として長くやりたいです」。端正なマスクをほころばせながら将来を語るのは花咲徳栄・西川愛也外野手(動画)。第8日目・第3試合の2回戦・日本航空石川戦に向け、13日には京都府内のグラウンドで調整した。今秋ドラフト候補に挙げられ、ネット裏から熱視線を送るプロのスカウトにとって最後の希望となりつつある。

岩井監督は、大阪の浜寺ボーイズでプレーしていた中学時代の西川を初めて見たときの衝撃を振り返る。「当時は投手もやっていましたが、ぼくは断然打者だと思った。ボールをとらえるのがうまくて、走ってもバネがある。輝いてましたよ」

昨秋からチーム方針で長打力重視を打ち出したこともあり、「ロングヒットが打てるように練習を積んできました」と西川。埼玉県大会では4本塁打。約10キロのトレーニング用のハンマーを振り下ろして体幹を鍛え上げた効果が出た。10日の1回戦・開星戦では5打数2安打1打点も、「2安打のあとの3打席がよくなかった」と貪欲だ。

日本ハム・山田スカウト顧問は「広角に打てるタイプ。足もあるから高い打率が残せるんじゃないか。顔もいいし、華がある。ウチの西川遥輝外野手に似てるよ」と、同じ右投げ左打ちのリードオフマンに姿を重ねる。岩井監督も「西川選手には名字が同じこともあって、似てるってよく言われますね。でも、あちらは天才。ウチのは努力しないとダメ」とピシャリ。

横浜・増田と並んで高校生外野手として最高ランクの評価を受けているが、「高校からすぐにプロに行きたいのが本音ですが、試合になればネット裏のスカウトの方を気にする余裕なんてない」と目の前の試合に勝つことだけに集中している。

スカウト陣が気にするのは、昨秋に負った右胸筋断裂の回復具合だけ。西川本人は「もう大丈夫です」と万全を強調するが、目玉不在といわれる今大会で抜きんでた存在になれるか。



西川君のスカウト評はこちら

西川君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:07│ 日本ハム 
ドラフトニュース検索