ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

巨人、ドラフト1位に小林誠司の後輩が急浮上

2017年08月19日

8/19、日刊ゲンダイ42面より

中村 奨成 (広陵高・捕手)
181cm・右投右打・動画

夏の甲子園に出場している広陵の中村奨成捕手(動画)が、試合ごとに評価を上げている。17日の2回戦で、優勝候補の秀岳館を撃破するダメ押し本塁打を左翼席へ叩き込んだ。2本塁打した1回戦に続き、これで3本目。中村は「打った瞬間、いったと思った。自信を持って打席に入れている」とキッパリ言った。

守っても二塁送球タイム1・74秒、遠投120メートルの強肩を披露。各球団のスカウトが評価する中、捕手難にあえぐ巨人は特に垂ぜんのまなざしを向ける。岡崎スカウト部長は「1位で消える可能性もある。入札もある」と目を細めているのだ。

「本命の早実・清宮次第ではあるものの、もし大学進学などでプロ入りしない場合の“控え1位”候補に急浮上しているようです。小林の高校の後輩ながら鉄砲肩は互角。まさに巨人が探している『打てる』捕手でもある。この打撃力に加え、足も速いという走力と身体能力の高さは、すでに先輩を超えているのではないか、と冷やかすスカウトもいるほどです」(球界関係者)

巨人の首脳陣は小林の2割前後の打撃に不満がある。この日も1点を追う八回2死一塁で代打・相川を送っている。村田ヘッドコーチは開幕前、「終盤に代打を出されているうちは正捕手じゃない」と苦言を呈していた。このオフの補強ポイントであることは間違いない。

小林は広陵から同大へ進学、社会人の日本生命を経由して巨人入りした。2人の恩師でもある広陵・中井監督は「高校時代の小林と比べたら中村の方が全然上。比べちゃいかん。モノが違う」とまで言い、太鼓判を押している。

清宮がプロに行かない場合の1位は、他にJR東日本の左腕・田嶋らが候補に挙げられるが、まだ流動的である。中村は「小林が目標」と言うが、この高校生ナンバーワン捕手は近い将来、打率・201の「先輩」を脅かす存在になりそうだ。



中村君のスカウト評はこちら

中村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:09│ 巨人 
ドラフトニュース検索