ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

日ハムがスカウト会議、栗山監督「清宮が欲しい」

2017年08月22日

8/22、サンケイスポーツ4面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

日本ハムは21日、札幌市内のホテルでスカウト会議を開き、今秋のドラフト指名候補90人をリストアップした。栗山英樹監督は注目の早実高・清宮幸太郎内野手(動画)に対し、ソフトバンク・王貞治球団会長のシーズン55本塁打を超える存在として期待。最大12球団の競合も覚悟した。

竹田球団社長、島田球団代表ら球団幹部も出席し、神戸に移動前の栗山監督も駆けつけた今年最大のスカウト会議。約3時間の話し合いを終えた指揮官は、清宮への思いを情熱的に語った。「清宮? 俺は欲しいよ。本当に55本の王さんの記録を超えていくのかとか・・・そういう選手が出てくるのを見てみたい」と、“世界の王”の年間55本塁打を超える存在とまで言い切った。

清宮には大学進学の可能性も残されているが、プロ志望を表明すれば、「12球団、いの一番に欲しいと思っている選手なのは間違いない」と史上空前の12球団競合も覚悟。すでに札幌ドームの監督室には、ドラフト会議の抽選箱を模した箱を用具係が準備。抽選に向けてイメージを膨らませている。

栗山監督の思いは、球団の総意でもある。これまで2007年の中田、10年の斎藤、11年の菅野、そして12年の大谷と真っ向勝負でナンバーワンの選手を指名してきたチームの方針にブレはない。

また、同会議では今夏の甲子園で4本塁打の広陵高・中村(動画)を新たに1位候補に加えた。大渕スカウト部長は「捕手として能力は相当高い」と評価した。球団は22日から始動する高校日本代表の国内合宿から清宮を徹底マークする。



清宮君のスカウト評はこちら

清宮君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:04│ 日本ハム 
ドラフトニュース検索