ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

日ハムがスカウト会議、清宮進学なら中村(広陵)か

2017年08月22日

8/22、日刊スポーツ1面より

中村 奨成 (広陵高・捕手)
181cm・右投右打・動画

大舞台での活躍が、日本ハムのドラフト候補選手の勢力図を変えた。6月のスカウト会議の時点では「1位候補」に名前のなかった広陵・中村(動画)が、この日の同会議でトップ評価に格上げされた。大渕スカウト部長は「能力の高い捕手。3拍子そろった選手です。(活躍する)素養はあったけど、あの場面で、あの大会でできるのはすごいことだと思います」。

現時点では早実・清宮の評価が1番手ではあるが、進路が不透明であるため、中村も一気に有力候補となった。

夏の甲子園で躍動する姿が、評価を変えた。今日22日に天理との準決勝を戦う中村は、ここまで4試合で4本塁打。4戦連続マルチ安打の打撃に加え、盗塁も成功させる走力、さらに定評のあるスローイングでもスカウトをうならせている。この日、同会議に出席した栗山監督も「あそこで打つ、運を引っ張り込む力」と、ここ一番での勝負強さに天性の素質を感じている。

徹底マークを決めた。清宮、中村の両選手が選ばれている「U18W杯」(9月1日開幕、カナダ)に、大渕スカウト部長をはじめ、チーム統轄本部から3人を派遣。さらに現地で90年代のチームを支えた主砲、マット・ウインタース氏らが務める駐米スカウトも合流し、最後までチェックする。

カナダまでスカウトが足を運ぶ予定なのは、現時点ではソフトバンク、西武と日本ハムのみ。同スカウト部長は「あれだけの選手が集まっている中で、化学反応する姿を見たい」。同大会から使用する木製バットへの対応なども評価の対象となりそうだ。

大谷は早ければ今オフにも、ポスティングシステムを利用してメジャーに挑戦する可能性がある。今月17日には、中田も国内FA権を取得。チームが変革期を迎える中で、超高校級の清宮、中村には、豊かなスター性と将来性が備わっている。



中村君のスカウト評はこちら

中村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 08:33│ 日本ハム 
ドラフトニュース検索