ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

あのドラフト選手は今、金田進(ドラフト4位)

2017年08月31日

8/30、中日スポーツ11面より

1981中日ドラフト4位 金田進
丸善石油・捕手・21歳

7月1日付で新たに就任した金田監督(1981中日4位)。島田行雄前監督が母校の近大付高で監督をしていた縁で、2年前から名院大の臨時コーチを務め、後任を託された。社会人の丸善石油をへて1982年にドラフト4位で中日に入団。91年の引退後はブルペン捕手、バッテリーコーチなどを歴任した。

2013年に退団し、以降は会社勤めをしながらクラブチーム「鳥開ベースボールクラブ」で指揮を執っていた。社会人、プロでの経験は豊富だが、高卒のため大学球界はほぼ未知の世界。ただ「いつか学生に指導できたら」という思いを抱いており、監督の打診には迷いなく決断した。

「大学でどんな野球をやっているのか、すごく興味がある。野球技術に関しては、自分が悟ってきたことを教えてあげたい」と目を輝かせる。チームは今春、東海学園大との2部リーグ優勝決定戦に進んだが、あと一歩及ばなかった。「春は投打がかみ合ってそこまでいけた。負けた悔しさをバネになんとか1部に上がりたい」と金田監督。

右腕エース・野田は「自分たちはもう1部でプレーすることはないけど、来季は金田さんを1部へ送り出してあげたい」と力を込める。秋季リーグ開幕日である9月2日の名大との1回戦が初采配。ナインとともに覚悟を決めたシーズンが、間もなく始まる。



下は1981ドラフト会議で中日が指名した選手です。金田進は4位指名入団。プロでの成績はこちら

中日の1981ドラフト指名選手
1位尾上 旭中央大内野手
2位浜田 一夫愛知高投手
3位倉田 邦房大昭和製紙富士投手
4位金田 進丸善石油捕手
5位浜田 知明電電東海投手
6位古川 利行北越商高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00│ あのドラフト選手は今・・・ 
ドラフトニュース検索