ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

田浦文丸(秀岳館)、スカウト陣が再注目

2017年09月06日

9/6、夕刊フジ終面より

田浦 文丸 (秀岳館高・投手)
170cm・左投左打・動画

日本で最も輝きを放っているのは、この日の2番手として6回から登板した秀岳館・田浦文丸投手(動画)だ。3連投ながら、両打ちを含めて右打者が8人並ぶオランダ打線から、4回無安打、9奪三振の見事な救援。

「(三振は)全く意識していなかった。みんなが必死になって3点を取ってくれた。しっかり抑えることだけを考えました。いまになって『いいピッチングだった』って実感しています。後ろにいいピッチャーがいるんで、1回でつぶれてもいいと思って投げています」とはにかんだ。

3試合にすべて救援で登板し、計9回で許したのはわずかに2安打。奪三振は19と並み居る強打者を完全に翻弄している。

最大の武器は大きく縦に落ちながら右打者の外角に流れるチェンジアップと、内に食い込むスライダーのコンビネーション。あるスカウトは「この2つを思い切り腕を振って投げ込めている。さらに低めに伸びる直球のキレと制球もいい。甲子園では本調子ではなかったが改めて素晴らしいものをみせてくれた」と高評価

甲子園では広陵戦で中村に一発を浴びるなど力を発揮しきれず目立った活躍はできなかったが、プロ志望届を提出する予定。昨年のU―18アジア選手権でリリーフとして好投を続けて評価を高め、日本ハムからドラフト1位指名された堀瑞輝投手(広島新庄高)の例もある。今大会でプロの視線を一気に変えそうな勢いだ。

(9月4日 U―18W杯 日本 3―1 オランダ)



田浦君のスカウト評はこちら

田浦君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:02│ 高校 
ドラフトニュース検索