ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

田浦文丸(秀岳館)、巨人「甲子園の時より良くなった」

2017年09月06日

9/6、デイリースポーツ終面より

田浦 文丸 (秀岳館高・投手)
170cm・左投左打・動画

もはや無双状態の守護神が、日本を2次リーグ進出に導いた。逆転した直後の六回から登板した田浦(動画)が、圧巻の4回無安打救援。3連投の疲れも感じさせないロングリリーフで反撃を許さず「1回でつぶれてもいいという気持ちで投げている。チームが勝ててよかった」とはにかんだ。

この日も“宝刀”が猛威を振るった。直球と同じ腕の振りで変化するチェンジアップ。カウント球にも決め球にも自在に使い分け、オランダを圧倒した。登板直後を連続三振で滑り出すと、七回は3者三振。八、九回にも2三振ずつを奪い、これで3試合9イニングを投げて毎回19奪三振のドクターKぶりだ。

「外国人は大きく振ってくれる。これだけ三振が取れると面白い」と波に乗っている。因縁の相手とも打ち解けた。5月の早実との招待試合では、敬遠策を取って清宮と勝負したことが波紋を呼んだ。今合宿の最初は気まずさもあったが「怒ってないよ」と言われ、すぐに仲良くなった。今では互いに少し太めの体形をいじり合う仲。

キューバ戦の八回、目の前で敬遠された清宮に「自分の打撃をしてこいよ」と声をかけたのも田浦だった。癒やし系の見た目からは想像できない頼もしさ。清宮が「普段はタヌキみたい。でもマウンドだと全然違う。安心して見ていられます」と信頼を口にすれば、小枝監督も「今年は田浦君ですね。立派です」と絶賛した。

初の世界舞台も、田浦には「緊張せず自分の投球ができた」と不安はない。悲願の世界一への鍵は、その左腕が握っている。

▼巨人・井上チーフスカウト
「(田浦について)特徴のある球でしっかり腕を振っているから、右打者にも通用する。甲子園の時より制球も良くなった」

(9月4日 U―18W杯 日本 3―1 オランダ)



田浦君のスカウト評はこちら

田浦君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:09│ 巨人 
ドラフトニュース検索