ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

斉藤大将(明治大)に8球団、広島・楽天が高評価

2017年09月12日

9/12、サンケイスポーツ5面より 

斉藤 大将 (明治大・投手)
178cm・左投左打・動画

3回戦1試合が行われ、明大が延長十二回で早大を3―2で破り、2勝1敗として勝ち点1を挙げた。明大は1回戦で完封したドラフト候補左腕の斉藤大将投手(動画)が、10回2/3を2失点と勝利を呼び込む熱投。ネット裏に陣取ったプロ8球団のスカウトをうならせた。

延長十二回を戦い終えた斉藤はベンチ裏で、目頭をおさえて、どっかりと座り込んだ。「調子が悪くて抑えられないのでは、話にならない。最初の失点は(悪送球で)自分のミス。(足の)痛さよりも、逆転してくれた後、打たれて申し訳ないという思いが強かった」

明大のエース番号「11」を背負う自覚だった。9日の1回戦は113球で6安打完封。前日10日2回戦は8―13で大敗して迎えた3回戦。中1日で先発して勝つという、大学球界の理想のエース像がある。役割を全うするため、1回戦の八回から左足裏の皮がむけ、痛みがあったことを善波監督に隠して、登板した。

善波監督に「代わるか?」と声を掛けられたが、続投を志願。延長十一回二死で交代するまで154球を投げて、7安打2失点と力投した。連覇した昨春と昨秋は柳(中日D1位)、星(ヤクルトD2位)の両先輩投手が健在で、斉藤は中継ぎや抑えを任されていた。最終学年の秋となって、気迫と粘りが前面に出てきた。

スリークオーターよりも低い位置から投げる今秋のドラフト候補を、阪神など8球団が視察。「左で先発でも何でもできる」と楽天・後関スカウト。広島・尾形スカウトは「変化球が切れ、中継ぎ、先発がOKというのは魅力」と高く評価した。

善波監督は「斉藤に尽きる。足の状態が悪い中でも、1回戦に続いて粘り強く投げてくれた」と絶賛した。先輩に続いてプロ入りを目指す明大のエースが、2季ぶり40度目の優勝へと導く。

(9月11日 東京六大学野球 明治大 3―2 早稲田大)



斉藤君のスカウト評はこちら

斉藤君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:25│ 広島 | 楽天
ドラフトニュース検索