ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

寺岡寛治(BC石川)10球団視察済み、中位での指名有力

2017年09月18日

9/18、西日本スポーツ5面より

寺岡 寛治 (石川ミリオンスターズ・投手)
180cm・右投右打・動画

福岡育ちの二刀流右腕が、金沢で夢を実現しようとしている。10月26日に迫った今年のドラフト会議。「九州以外で生活したのは今年が初めて」という寺岡(動画)は故郷から遠く離れた北陸の地で運命の日を待つ。

野手でもプレーした九州三菱自動車を退社し、石川に入団したのは「投手に専念したかったから」だった。最速149キロをマークした福岡・東海大五高時代から速球派右腕として鳴らし、2年秋の九州大会に出場。初戦で興南高に1―3で敗れたが、後に甲子園で春夏連覇を果たす島袋洋奨(ソフトバンク)と投げ合った。一方で右肘を疲労骨折し、4年時にベンチ入りした九共大では外野手だった。

社会人の九州三菱自動車にも野手で入部。それでも投手への思いは断ち切れず、右肘の不安がなくなったこともあり、自ら直訴して投球練習を再開すると、150キロ超の剛球で台頭した。社会人2年目の昨年は投手と外野手で半々の起用となり、外野手として出場した試合で、そのままリリーフ登板するというリアル二刀流も経験した。

投手に専念した石川での今季は、リリーパーとして59回1/3で82奪三振をマーク。そのパワフルな投球に、ソフトバンクや阪神など計10球団が視察済み。今月2日に行われた富山戦では阪神のスカウト陣が見守る中、最速150キロを計測し、3者連続の空振り三振に切って取る圧巻の投球。同4日の巨人戦にも巨人や西武など7球団のスカウトが集結した。

ドラフト中位での指名がささやかれる中、既に2球団から調査書も届いている。かつてのロッテのドラフト1位、石川の渡辺正人監督は「体も強い。今の時点でも1イニングを全力で投げて、年間20~30試合は抑えられる」と明言。「ソフトバンクの森や五十嵐タイプ」と付け加えた。

寺岡本人もこのチャンスを逃すつもりはない。「ボールの質は今が絶対にいい。プロ?。はい、意識している。もちろん、今年いければ」。福岡育ちの剛腕が羽ばたく日は、遠くなさそうだ。



寺岡君のスカウト評はこちら

寺岡君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:09│ 独立リーグ 
ドラフトニュース検索