ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

広島、スカウトトップが明かす金の卵の見分け方

2017年09月19日

9/19、サンケイスポーツ4面より
広島は、たぐいまれなスカウティング力で、生え抜き選手主体でリーグ連覇を成し遂げた。育成王国を作り出した秘訣を1977年からスカウトを務めている苑田聡彦スカウト統括部長に聞いた。広島のスカウト部門、育成部門には、他球団にはない伝統と思考、手法がある。その中心にいるのが苑田スカウト統括部長だ。

「ドラフトでは年代構成を見て、空間を埋めていくという考えをとっている。試合だけではなく、必ず練習を見る」。苑田部長はこれまでも黒田博樹、新井、鈴木の母校のグラウンドを訪れて、練習をチェック。他球団を驚かせる指名で獲得を決めていた。

「素材のすばらしさは分かっていても、しっかり走らない者はいらん。新井や鈴木のように誰よりも練習できる気力や体力があって、伸びていくと感じたこともある」

今季中盤に鈴木がケガで戦列を離れたが、厚い選手層に支えられて連覇にたどり着いた。レギュラーの高齢化が止まらないチーム、FAでの補強が注目される他球団とは違う手法、育成法で黄金期を築こうとしている。



広島の歴代ドラフト指名選手・一覧はこちら



draftkaigi at 08:17│ 広島 
ドラフトニュース検索