ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

広島ドラフト1位のウワサ、中村・田嶋・鈴木有力か?

2017年09月20日

9/20、日刊ゲンダイ終面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

早実の清宮(動画)がプロ入りを表明しても、回避するんじゃないか」。広島のチーム周辺ではこんな声が出ている。広島OBがこう解説する。

「清宮の人気、実力は申し分ないが、広島の選手を評価する基準にはあまり合わないように感じます。広島は足や肩を含めた身体能力が高く、体の強さがある選手を指名する傾向がある。レギュラーの鈴木、菊池、丸、田中らはみなそうです。さらに、広島の12球団屈指の厳しい練習に耐えられる体力、精神力が備わっているかどうかも重視する。清宮は身体能力が抜群に優れているわけではない。早実は寮がなく、学業もおろそかにできない。清宮は限られた練習時間のなかで、ウエートなど科学トレーニングに取り組んでいますが、徹底した走り込みなどをこなして強靱な体力を身につけているとはいいがたい。広島野球に馴染めるか、不安が残ります」

加えて、清宮がいまだにプロか大学か進路をハッキリと明言していないことを不安視する声も出ている。ある球団のスカウトはこう言う。

「清宮はプロ志向があるといわれるが、一方で大学進学も視野に入れている。早大の系属校の出身であり、大学進学を望むアマ球界の声もかまびすしいとはいえ、最初からプロで勝負する気持ちがあるなら、ここまで引っ張る必要があるのかと思う。プロで勝負するという覚悟や気概が彼の言動からはあまり伝わってこないのです。恵まれた家庭で不自由なく育ったこともあり、今後プロで壁にぶち当たった時に、乗り越えられるメンタルの強さを持ち合わせているかどうかも、気になるところです」

広島は8月、夏の甲子園期間中に行われたスカウト会議で清宮と地元・広陵の捕手である中村(動画)を最上位ランクとしたといわれるが、前出のスカウトは「競合必至の清宮の進路にもよるが、野手なら中村、即戦力の投手を重視するならJR東日本・田嶋(動画)ヤマハ・鈴木(動画)あたりを1位指名するのではないか」と話している。



清宮君(早実)のスカウト評はこちら

中村君(広陵)のスカウト評はこちら

田嶋君(JR東日本)のスカウト評はこちら

鈴木君(ヤマハ)のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:09│ 広島 
ドラフトニュース検索