ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

岩見雅紀(慶応大)、広島「ドラ1でも恥ずかしくない」

2017年09月26日

9/26、日刊スポーツ5面より

岩見 雅紀 (慶応大・外野手)
187cm・右投右打・動画

岩見(動画)の打球が珍しい方向へ放物線を描いた。2点リードの4回、先頭打者で2球目の直球を右中間へ運んだ。リーグ2本目となる逆方向への1発だ。23日の1回戦で4打数無安打に抑えられた法大・菅野から「うまく対応できた」と能力を示した。21世紀の打者初のトップテン入りとなる通算17号に「素直にうれしいです」と笑った。

驚異的なペースで本塁打を積み上げている。2年春から出場し同秋に1号を放ってから、3.2試合に1本打ってきた。一方、歴代1位の高橋は4.4試合に1本。2年秋からの比較では、岩見が17本で高橋は15本と上回る。今季も6試合で3号。5安打のうち半分以上が本塁打だ。

慶大の練習場には、右翼の「由伸ネット」に対し、左翼に「岩見ネット」があり、打球が越えないようにしている。左中間方向には今春、保育園が開園した。迷惑をかけないように、春季リーグ後にネットを高くするなど増築したが、その前はバックネットぎりぎりから打撃練習していた。

187センチ、107キロのスラッガー。大久保秀昭監督が「岩見は散々、近所の家に迷惑をかけてきた」と苦笑いするパワーは規格外だ。リーグ開幕2日前のリーグ懇親会で、岩見は「10本打って記録を塗り替えたい」と高橋超えの24号を宣言。20年ぶりの快挙は少しずつ夢物語でなくなってきている。

左翼手の長距離砲などの共通点から広島・苑田スカウト統括部長「慶応のエルドレッド」と評したことがある。この日も熱視線を送り「言うことない。1位でも恥ずかしくないんじゃないかな」と上位候補とした。

(9月25日 東京六大学野球 慶応大 9―5 法政大)



岩見君のスカウト評はこちら

岩見君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:47│ 広島 
ドラフトニュース検索