ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

中日、ハズレ1位に石川翔(青藍泰斗)

2017年09月29日

9/29、中日スポーツ1面より

石川 翔 (青藍泰斗高・投手)
178cm・右投左打・動画

10月26日のドラフト会議で、中日の外れドラフト1位候補に最速151キロを誇る栃木・青藍泰斗高の石川翔投手(動画)が28日、浮上した。1位指名は早実・清宮幸太郎内野手、広陵・中村奨成捕手の2人が軸になるが、複数球団の競合は必至。当然のように抽選に外れた場合を想定し、ドラフト戦略を練っていくことになる。

運命のドラフト会議まで1カ月を切った。5年連続Bクラスに沈んだチームにとって、ドラフト戦略は今後の命運を握る最重要事項。現在のところ1位候補として名前が挙がるのは、早実・清宮(動画)、そして広陵・中村(動画)の高校球界を代表する二大スターで揺るがない。しかし、どちらの逸材も抽選は必至の状況。戦略上、クジを外した際の想定は必然だろう。

そこで真っ先に名前が挙がるのが、栃木・青藍泰斗高の本格派右腕、石川(動画)だ。179センチ、82キロの均整の取れた体から投げ下ろす直球が最大の武器。今夏の県大会は準決勝で作新学院高に惜しくも敗れたが、準々決勝の石橋高戦で自己最速151キロをマークした。惜しくも甲子園は逃したが、柔らかさと力強さを兼ね備えたフォームは将来性を高く買われている。

甲子園出場がなく全国的には無名だが、高校球界No.1との呼び声高い逸材。担当する中日・正津スカウトは、こうベタ褒めした。「スピードボールを低めに投げられるのが素晴らしい。変化球も多彩で三振を取れる。強さと柔軟性を兼ね備えていて、まだまだ伸びる要素がある。ポテンシャルを考えれば12人に入ってくるでしょう」

実際に石川が投げる試合は、5球団以上のスカウトが集結。ネット裏から熱視線を送り続けてきた。本人も今月に入り、すでにプロ志望届を提出済み。あとは指名されるのを待つだけの状況だ。

球団として清宮や中村といった大型野手も欲しいが、将来のエースになりうる逸材にも同様の価値を見いだす。今季は2年目の小笠原、4年目の鈴木がともに5勝を挙げるなど、次世代を担う先発陣が頭角を現してきた。さらに石川獲得が実現すれば、数年後の投手王国構築に向けた流れができてくる。

最大9球団以上の競合と言われる早実・清宮の大争奪戦から離脱し、石川の1本釣りを狙う球団がないとは限らない。竜再建へ向けあらゆる事態に備え、様々なシミュレーションを続けていくことになる。



石川君のスカウト評はこちら

石川君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:56│ 中日 
ドラフトニュース検索