ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

2017ドラフト、岩見・中村ら一芸勝負の選手に注目

2017年09月29日

9/29、サンケイスポーツ4面「乾坤一筆」より 

岩見 雅紀 (慶応大・外野手)
187cm・右投右打・動画

昨秋ドラフトで守備力を高く評価され、中日に2位で入団した京田陽太内野手(日大)が球団の新人安打記録を更新し、28日現在145安打、打率.270をマークしている。一芸、特に守備力を買われてプロの道に進む選手が減る中、生粋の守備人からの打撃力アップに目を見張った。

「黒田のキャッチボールを見て、これだと思い、専大の練習に何度も通った」。広島・苑田スカウト統括部長が、かつてこう語った「黒田伝説」のように、成績などの実績よりも練習の姿勢で素材を評価される選手は少なくない。

最近では、2014年阪神ドラフト3位入団の駒大・江越大賀外野手が、スカウト陣から「攻守交代の際、ベンチから守備位置までの走りの良さが魅力に映った」と、プレー以外の姿勢が評価された。

それ以前だと、2005年中日の大学・社会人3位のNTT西日本・藤井淳志外野手の強肩を思い出す。オランダで行われたW杯の試合前練習で、右翼ポール際で捕球すると、ホームへのダイレクト送球は、現地ファンも拍手を送ったほどだった。今では、守備固めから3割を打つ選手になった。

一芸から、将来のスターを見極めるのが各球団のスカウトの仕事ではないだろうか。今夏の甲子園で新記録の大会6本塁打を放ち、クローズアップされた広陵・中村奨成捕手(動画)も、大会前にすでにプロからは強肩で上位候補として注目されていた。

今秋は「ドラフト候補が小粒」とみられている。そういう意味で、一芸勝負の選手を選択してもいい年ともいえる。まだ粗削りとはいえ、本塁打の飛距離が将来は120メートル以上も可能といわれる、東京六大学野球で通算18本塁打(歴代6位タイ)の慶大・岩見雅紀外野手(動画)も上位候補に挙がってくるだろう。



岩見君のスカウト評はこちら

岩見君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 10:15│
ドラフトニュース検索