ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

2017ドラフト展望(日刊ゲンダイの見解)

2017年10月03日

10/3、日刊ゲンダイ23面より
「実際に何球団が1位で行くのか、これが今年のドラフトのカギを握る」。さる球団の編成幹部がこう言う。9月末にプロ入りを明言し、プロ志望届を提出した早実・清宮幸太郎(動画)。各球団は2日、清宮家との面談を行うために資料作りにあくせくしているのと並行して、最終的にドラフト会議で何球団が清宮を1位指名するのか、しそうなのかをそれぞれ探り合っているという。

あるパ球団のスカウトはこう話す。

 「ドラフト当日までハッキリしたことはわからないだろうが、現段階での見立ては9球団の競合。夏の甲子園で史上最多の6本塁打を記録した捕手の中村奨成(広陵)に22団、即戦力の投手が欲しいところが1球団。これまでの史上最多、89年の野茂英雄(新日鉄堺)、90年の小池秀郎(亜大)の8球団を上回る可能性はあるでしょう」

一方で、セ球団のスカウトはこんな見方をする。

「問題は清宮を1位指名したものの、外した場合のリスクです。昨年は好投手が多く、日大・京田陽太(中日2位)など評価の高い選手が2位以下にもゴロゴロいましたが、今年のドラフトはそもそも好素材が少ない。極端な話、2位までの24人で指名が終わってもおかしくないくらいのレベルです。清宮はいくら人気、実力を兼ね備えているとはいえ、一塁しか守れず、一軍戦力になるには1年なり、2年なり時間を要する。捕手を強化したい球団、是が非でも投手を補強したい球団もあるだけに、1位指名が6球団程度にとどまる可能性も考えられる。たとえば1巡目で清宮以外の有望選手6人が消え、さらに外れ1位でも競合することになれば、取りたい選手が残っていないという事態に陥りかねません」

今のところ、清宮以外の1位候補とされているのは、前出の広陵・中村(動画)、即戦力投手のJR東日本・田嶋大樹(動画)ヤマハ・鈴木博志(動画)といったあたりだ。各球団は清宮が大学進学を表明した場合に備えて、1位候補を数人リストアップしていたとはいえ、腹の探り合いは例年以上のようだ。



2017高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2017大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2017社会人のドラフト候補・一覧はこちら



draftkaigi at 08:46│ ドラフト展望 
ドラフトニュース検索