ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

ロッテ、話題性だけでドラフト上位指名しちゃった…

2017年10月07日

10/7、日刊ゲンダイ43面より

記者
「ロッテの京大くんがクビになりました」

デスク
「14年ドラフト2位の・・・田中だっけ。プロで通用しなかったか」

記者
「伊東監督の言葉がまた意味深で」

デスク
「てえと」

記者
「かわいそうなことをしたって」

デスク
「同僚にいじめられでもしたのか」

記者
「何というか、そもそもプロ入りが、という意味じゃないですか」

デスク
「ドラフト2位なのに?」

記者
「だからこそ、でしょうね。もともと、実力よりも京大野球部という話題が先行していた選手ですから」

デスク
「話題性だけで上位指名しちゃったのか」

記者
「ドラフト当時、他球団の編成担当も、下位指名ならまだしも2位はないだろ、と呆れていたほどです」

デスク
「通算成績は?」

記者
「1年目の15年に2試合で投げただけなんで、通算と言えるほどの成績は・・・」

デスク
「伊東監督の発言は、ざんげみたいなもんだな」

記者
「そこにいくと対照的なのだが、3日に引退試合を行った日ハムの飯山です」

デスク
「控えのベテラン選手か」

記者
「鹿児島のれいめい高校から97年ドラフト4位で入団。7人きょうだいの5番目で、父親がスカウトに、どうせハンパなんだから死なない範囲でやってくれ、と言った」

デスク
「それがプロ通算20年か。学歴や指名順位なんて、入団後は無関係だという好例だな」

記者
「僕も京大に入っていたら、人生を狂わされるところでした」

デスク
「少年野球のライパチ止まりじゃ、狂うもんなんかねえだろ」



下は2014ドラフト会議でロッテが指名した選手です。2位・田中英祐のスカウト評はこちら

ロッテの2014ドラフト指名選手
1位 中村 奨吾 早稲田大 内野手
2位 田中 英祐 京都大 投手
3位 岩下 大輝 星稜高 投手
4位 寺嶋 寛大 創価大 捕手
5位 香月 一也 大阪桐蔭高 内野手
6位 宮崎 敦次 広島国際学院大 投手
7位 脇本 直人 健大高崎高 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:20│ ロッテ 
ドラフトニュース検索