ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

ゲレーロ(中日)争奪戦へ、阪神・巨人など調査

2017年10月07日

10/7、スポーツ報知4面より
中日のアレックス・ゲレーロ内野手の今季限りでの退団が6日、決定的になった。来日1年目で35本塁打を放ち、タイトル獲得は確定的だが、残留交渉で球団提示額と本人サイドの希望額の隔たりが大きく決裂状態。10日のシーズン最終戦を待たず、近日中に自宅のある米国へと渡る。

本塁打キングが1年でチームを去る。球団は「ゲレーロは手放さないよ」と公言した白井オーナーの指示で、先月から残留交渉に乗り出していた。だが3億3000万円の単年契約を提示したとみられる球団側に対し、ゲレーロ側の希望は年俸5億5000万円に出来高を加えた3年契約。球団幹部が「マネーゲームには応じられない」と話すように大幅な歩み寄りは不可能で、ゲレーロ側が「退団やむなし」と判断したようだ。

一方、日本野球に短期間で順応した優良助っ人を巡っては、巨人、阪神など複数球団が水面下で獲得に向けた調査を進めている。代理人筋も「本人も米国より日本でのプレーを望んでいる。だが中日にチャンスはない」と明かした。ゲレーロも9月24日、森野の引退試合だった広島戦で、一部ナインに「モリノサンも俺もグッバイだ」などと“惜別”のあいさつを済ませているという。

昨オフ、自ら米国に足を運んでスカウトした森監督も、打撃については高評価する一方、起伏の激しい不安定な性格などはマイナス要素とみている。すでに前投手コーチの友利国際渉外担当に、ゲレーロの代わりとなる大砲と先発投手の獲得に向けた調査を指示しているようで、中日以外の球団でゲレーロ争奪戦は繰り広げられることになった。



2017高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2017大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2017社会人のドラフト候補・一覧はこちら



draftkaigi at 09:00│
ドラフトニュース検索