ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

巨人、ドラフト指名でも情報不足露呈

2017年10月07日

10/7、スポーツニッポン4面より

2016巨人ドラフト1位 吉川尚輝
中京学院大・遊撃手・動画

昨秋ドラフト会議。1位指名で田中(ソフトバンク)、佐々木(ロッテ)を抽選で外し、野手の吉川尚(スカウト評)へ切り替えた指名に他球団のブースから「故障は大丈夫なのかな・・・」という声が上がった。中京学院大4年時には全日本大学選手権で優勝に貢献した俊足巧打の遊撃手。二塁もこなせる点を評価した。

右肩に不安を抱える情報もあった中、正確に把握できていなかった。今年1月の新人合同自主トレ期間中に別メニュー調整。結局、7月まで固定できなかった二塁には、守備に不安のあるマギーをコンバートせざるを得なかった。

史上最多3選手を獲得したFA補強も不発だった。陽岱鋼、山口俊は開幕前に故障し、1軍昇格は6月までずれ込んだ。関係者は「昨年から故障の不安を指摘する意見もあったようだ」と明かした。

陽岱鋼は後半戦は8月には打率3割を超えながら勝負どころの9月に失速。打率.264では1番打者としては物足りない。山口俊は暴行騒動もあり、1勝止まり。セットアッパーとして期待した森福は2度の2軍落ちを経験するなど30試合で防御率3.05に終わった。

4年ぶりのリーグ優勝を狙う来季に向けては若手育成に加えて補強は不可欠。球団はヤクルト・バレンティン、中日・ゲレーロの動向を注目する構えだ。ドラフトでは早実・清宮をはじめ、数年後のチーム編成を考えた上で指名することが重要になる。11年ぶりのBクラスからの巻き返しへ、常勝が義務付けられている球団が抱える課題は、山積している。 



下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。1位・吉川君のスカウト評はこちら

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 10:35│ 巨人 
ドラフトニュース検索