ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

中村奨成(広陵)、オリックス「アマナンバー1捕手」

2017年10月10日

10/10、サンケイスポーツ6面より

中村 奨成 (広陵高・捕手)
181cm・右投右打・動画

準決勝と決勝が行われ、決勝で夏の甲子園準優勝の広陵が、春のセンバツ覇者の大阪桐蔭を7―4で下して初優勝した。夏の甲子園で1大会の最多記録となる6本塁打を放った今秋のドラフト1位候補、中村奨成捕手(動画)は、自慢の強肩を披露するなど、勝利に貢献した。

夏の甲子園では、あと一歩でつかめなかった優勝を。国体の舞台で成し遂げた。その瞬間、中村はマスクを取り、右拳を握りしめた。「3年間、中井先生のもとで練習してきてよかった。最高の仲間と優勝できたのは一番の宝物になる」

準決勝で東海大菅生を下し、ダブルヘッダーの決勝は大阪桐蔭が相手。5―4と勝ち越した直後の五回には、二盗を狙った中川を矢のような送球で刺し、スタンドをどよめかせた。「盗塁を決められたら、流れがいってしまうと感じていた。走ってくれたらラッキーぐらいの気持ちはあった。流れを断ち切れた」。

打撃は5打数1安打も存在感は抜群。全国の舞台でのVも自身初体験で、運命の10・26へ最高の前祝いになった。「肩だけでいえば上でも通用すると思うが、いまに満足せずレベルアップしたい。目標とされる選手になりたい」。試合後は仲間の手で3度、宙を舞った。今夏の甲子園で新記録の6発をたたき込んだスラッガーが、夢の扉を開く。

▼オリックス・柳川スカウト
「打撃だけじゃなくて肩も足もあるし、視野も広い。今年のアマチュア全体でナンバー1の捕手という評価は変わらない」

(10月9日 えひめ国体決勝 広陵 7―4 大阪桐蔭)



中村君のスカウト評はこちら

中村君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:06│ オリックス 
ドラフトニュース検索