ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

尾形崇斗(学法石川)、「ドラ1でも育成でも…」

2017年10月17日

10/17、スポニチwebsiteより (source)

尾形 崇斗 (学法石川高・投手)
181cm・右投左打・動画

高校球児はオフ期間でもある冬の頑張りが、春先以降のパフォーマンス向上に大きくつながる。26日に行われるドラフト会議で指名を待つ、学法石川の右腕・尾形崇斗(動画)。記者が福島支局在籍中に取材を重ねた中で、冬場の頑張りという意味では最も印象に残る選手の1人だった。

直球のスピードと質を上げるべく、とにかく体を大きくした。1日3食から6食に増やし、週3回の筋力トレーニングで体を追い込んだ結果、体つきがまるで変わった。冬だけで13キロ増量。効果は早速表れた。フォームも大きく様変わり。秋までは上半身のしなりを生かしていたが、腰を鋭く切るように横の回転主導となった。

「(フォーム変更は)意識せず、体を強くしたら良くなるだろうと思い込んでいた。春に投球練習を始めたら、グラブの使い方が全く変わっていた。無駄な力を掛けなくなった」と振り返る。春先の練習試合では主力をそろえた横浜を相手に完封。夏の県大会前に体重は90キロに上がり、昨秋の時点で140キロ前後だった球速は最速150キロに達した。

大好きな長距離走を封印した。全国屈指の強豪でもある駅伝部の選手と競った、校内のマラソン大会では学年6位。時間さえあれば早朝深夜問わず、寮周辺の山道を走り続けたが「持久力は問題ない」と冬場は体の大型化に集中した。

「最高の冬を過ごせた」と振り返る一方で「それまでの野球に対する取り組みが良かったからこそ。ただその冬に頑張っただけじゃないと思う」と胸を張る。入学当初は61キロ。現在は1メートル81、87キロ。約30キロ増量した数字以上にたくましさを身につけた。

「1位でも育成でも、どんな状況でも上がる人は上がってくる。まずはスタートラインに立ちたい」と運命の日を心待ちにする。まだまだ秘められた伸びしろをプロの世界で披露する日が、記者も楽しみでならない。

 

記事にMAX150キロとありますが、公式戦ではそこまで速い球を投げていません。

7月9日 MAX143キロ
 (こちら)
7月19日 MAX145キロ (こちら)

7月9日の試合も5球団のスカウトしか視察しておらず、ドラフト一次指名(育成除く)は微妙なところですが、今年の高校生投手はこのクラスの子がとても多く、ランク付けが難しいです。


尾形君のスカウト評はこちら

尾形君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 16:37│ 高校 
ドラフトニュース検索