ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

岩見雅紀(慶大)12球団OK、広島「清原より上」

2017年10月18日

10/18、スポーツ報知終面より

岩見 雅紀 (慶応大・外野手)
187cm・右投右打・動画

衝撃の130メートル弾だ。初回2死三塁。慶大・岩見(動画)は芯を外されながらも、中越えへ運んだ。「ファウルで粘って(スライダーを)すくえるんじゃないかな、と。うまく体が止まってくれた。思ったより飛びましたね」。直球を待ちながら、外角低めのスライダーに反応し、描いた鮮やかな放物線。リーグのシーズン最多タイ7号2ランは、年間新の12号だ。

着実に進化を遂げている。今春は5本塁打を放ったが、15三振、8四死球で、打率.224。今季は5三振、10四死球を選び、8日には新記録の5試合連続本塁打と確実性もアップし、打率、出塁率をともに上げている。

「ずっと間の取り方を意識してきて、ようやく結果が出てきた。ファウルの内容が良くなった。タイミングの取り方も良くなっている」と分析。この日も本塁打の後は四球、死球、中前安打と全打席で出塁。通算最多23本まであと2本という状況にも「全部終わった時にどうなっているか楽しみ」と平然と話した。

スタンドでは7球団のスカウトが視察。今年の12本塁打中、11本を見届けている広島・苑田スカウト統括部長は「これだけ飛ばすとは・・・。これまで、アマのホームラン打者では清原(和博)が1番だと思っていたけど、打球の強さ、速さは岩見の方が上。両サイドの難しい球も打てるようになった。もっと早めに始動して、軸(右足)に力をためれば、楽に3割打てる」と絶賛した。

187センチ、110キロの巨漢だが、3700グラムで生まれた幼少期は、牛乳アレルギーだった。母の知恵さんは「じゃこを食べさせたり、煮物を作ったりしていました。たくさん食べてくれて、うれしかったのを覚えています」。比叡山高時代は、1日6合の米を食べて体づくりに励み、高校通算47本塁打をマーク。パワーの土台を築き、飛ばす技術も習得してきた。

夢のプロ入りも目前だ。早慶戦直前の26日には、運命のドラフト会議が控える。5年前。現役で関西の大学にも合格していたが、慶大からのプロ入りを目指して浪人を決意した。親子げんかをしたほど、猛反対されたが、自分の意志を曲げなかった。

「(ドラフトは)僕が選べることではないですから。何位でも、どこでも行きます」。ドラフト指名、リーグ優勝、最多本塁打記録。自らのバットで、全てをつかみ取る覚悟だ。

(10月17日 東京六大学野球 慶応大 7―2 立教大)



岩見君のスカウト評はこちら

岩見君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:35│ 広島 
ドラフトニュース検索