ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

ヤクルト、7~8人指名予定で半数は投手になる見込み

2017年10月24日

10/24、サンケイスポーツ5面より
ヤクルトは23日、東京・北青山の球団事務所でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議での指名シミュレーションを行った。1位指名する予定の早実高・清宮幸太郎内野手(動画)を獲得した場合、清宮に専属広報をつける案が浮上した。

「斎藤佑樹君が(早大から)日本ハムに入ったときも専属広報がついたと聞いた。入団が決まれば報道陣も増えますし、いい情報を発信したいですから」と球団関係者。早実高・荒木大輔が入団した際は神宮とクラブハウス間の移動が困難となったため、地下通路・通称「荒木トンネル」を設けた。清宮獲得となれば柔軟に対応する構えだ。

ドラフト会議では7~8人を指名する見込みで、およそ半数が投手になるという。東京六大学リーグ通算21本のスラッガー、慶大の岩見雅紀外野手(動画)も上位候補にリストアップされた。



岩見君(慶大)のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:45│ ヤクルト 
ドラフトニュース検索