ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

2017ドラフト展望、清宮1位指名は何球団?

2017年10月25日

10/25、東京スポーツ2面「ワイド特捜最前線」より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

10・26に迫った清宮ドラフトが「5+3」の様相を呈してきた。今ドラフトでは注目の早実・清宮幸太郎内野手(動画)に何球団の1位指名が集中するか。1989年の野茂英雄、90年の小池秀郎の8球団競合をしのぐ争奪戦になるかが注目されている。

ドラフト本番を2日後に控えた24日の時点で、ある球団幹部の見立てでは「清宮君と面談をした10球団のうち3球団は撤退の方向。確実に行くと思われるのが現時点で5球団。当日まで動向がつかみきれないのが3球団。実際には5~8球団の間ではないか」という。

面談で手応えがなかった、または補強方針がチーム事情にそぐわない等の理由で既に撤退を決め、他の候補に方針変更しているのがオリックス、中日、西武の3球団。3球団とも一塁手は飽和状態で、1年目から一軍で清宮を育てる余裕と余地は見当たらない。

そして、確実に清宮指名に向かうと予想されているのがソフトバンク、日本ハム、ヤクルト、巨人、阪神の5球団だ。早実OBで清宮獲得の陣頭指揮に立つ王会長のソフトバンク、すでに1位指名を公言しているヤクルト、阪神はもちろん、巨人を含めたセ・リーグ3球団は是が非でも人気と実力を兼ね備えたスター候補生を迎え入れたいところだ。

最後に清宮側の大本命と言われる日本ハムの動向は、広島が単独指名を狙う広陵・中村奨成捕手(動画)指名への可能性も残しながら確実視されている。

キャスター時代から清宮の父である克幸氏を尊敬し、親交も深い栗山監督との関係性を前提に、2日の事前面談にあえて参加しなかったのは「育成力の差を示すため、自慢のBOP(ベースボール・オペレーション・システム)の内部データを提示していることでの自信の表れなのでは」(某球団スカウト)などと他球団を疑心暗鬼にさせている。

最後に当日まで動向が読めない楽天、DeNA、ロッテの指名参加次第では5球団のバトルが最大8球団の競合となりそうな清宮ドラフト。幸運の女神は果たしてどの球団にほほ笑むのか。



2017高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2017大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2017社会人のドラフト候補・一覧はこちら

12球団のドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:02│ ドラフト展望 
ドラフトニュース検索