ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

2017ドラフト総括(スポニチ)

2017年10月27日

10/27、スポーツニッポン5面「ドラフト総括」より
日本ハム早実・清宮(動画)をはじめ、補強ポイントの即戦力投手として救援向けのNTT東日本・西村(動画)、上位指名の可能性もあった東北学院大・鈴木(動画)を6位で獲得。大成功と言っていい。

清宮を外したロッテは、和製大砲候補として履正社・安田(動画)の交渉権を獲得。さらに遊撃手ではトップ評価のトヨタ自動車・藤岡(動画)、夏から評価が急上昇した左腕の三菱自動車岡崎・山本(動画)ら即戦力を根こそぎ指名し、井口新監督の船出を飾る布陣は整った。

オリックスは先発の駒不足解消へ、JR東日本・田嶋(動画)に加え、評価は1位級だった日立製作所・鈴木(動画)と即戦力をダブルで指名。補強ポイントの遊撃手として、走攻守安定した力を誇るNTT東日本・福田(動画)を指名できたのも大きい。

広島は1、2位が高校生の大型バッテリー。広陵・中村(動画)は強肩強打、熊本工・山口(動画)も高校生ではトップ評価だ。持ち味の育成力が生きる。

DeNA立命館大・東(動画)の一本釣りで先発補強ができた。即戦力野手の獲得が急務だったヤクルトは、社会人外野手ではトップ評価のJX-ENEOS・塩見(動画)を4位で指名できたのが好材料。中日は2位以下は全て高校生で、将来性を重視。西武は1位、外れ1位と菊池の後継者という明確なポイントを貫いた。

巨人は1位の中央大・鍬原(動画)以外が全て野手となったのは、レギュラー陣が高年齢化しているためだろう。ソフトバンクは次世代の内野手が欲しいところだった。阪神は将来の4番候補の指名に至らず。楽天はポイントの捕手を指名できなかった。



2017ドラフト、12球団の全指名選手はこちら



draftkaigi at 07:07│ ドラフト総括 
ドラフトニュース検索