ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

巨人ちぐはぐドラフト、岸田2位指名の裏事情

2017年10月28日

10/28、日刊ゲンダイ45面より

2017巨人ドラフト2位 岸田 行倫
大阪ガス・捕手・動画

「多少、緊張感はあった」と漏らした巨人・高橋由伸監督が臨んだ初めてのクジ引きは、無残なものだった。早実・清宮を7球団競合の抽選で逃し、外れ1位では九州学院・村上を3球団競合の抽選で外した。外れの外れで中大・鍬原拓也投手を指名。ここでやっと1位指名が確定した。

「当初、外れ1位候補の筆頭は、高校生では清宮に次ぐ知名度を誇る履正社・安田だった。ただ、外れの中で人気ナンバーワンの評価で、昨年の佐々木(ロッテ)同様、5球団競合まであるとの計算だった。昨年のように抽選を2度外すリスクは避けたいため、一本釣りできる可能性が高いとみていた九州学院の村上を指名。それが、フタを開けてみれば、村上もヤクルト、楽天と競合した。結局、安田も村上も3球団ずつ。安田で勝負できず、安全策でいったのにクジ引きを外したのは大誤算でしょう」(球界関係者)

2位以下も同じである。本紙既報通り、社会人ナンバーワン捕手の大阪ガス・岸田行倫捕手(動画)を2位、NTT西日本・大城卓三捕手(動画)を3位指名。社会人捕手を立て続けに入札する異例の指名に、鹿取GMは「大城は捕手と野手の両方の評価」と言ったが、偏った指名には違いない。この2捕手も予定より順位を繰り上げたという。

「今ドラフトで巨人が確実に取りたかったのが岸田だった。当初は3位でいく方針が、ソフトバンクと楽天が3位以上で指名するとの事前情報があった。3位だとウエーバー順でソフトバンク、楽天の方が早い。2位なら巨人の方が先のため、繰り上げざるを得なかった。ほぼ隠し玉に近い大城も、当初は下位指名のはずが、念のために繰り上げたともっぱら。そのために取り逃がした選手もいるはずです」(前出の関係者) 

2位以下は即戦力野手がズラリと並んだ。鹿取GMは「バランスはいいと思う」と振り返ったが、話題性に乏しいドラフトとなった。



岸田巨人2位指名をすっぱ抜いた日刊ゲンダイすごい。日刊ゲンダイはやたら巨人に強く、2014年あっと驚く高木勇人3位指名をすっぱ抜いたのも日刊ゲンダイでした。

岸田行倫のスカウト評はこちら

高木勇人のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:02│ 巨人 
ドラフトニュース検索