ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

中日、ドラフトで良い打者を獲っても育たない理由

2017年11月03日

11/2、日刊スポーツ4面より
チーフスカウトから17季ぶりに現場復帰した中日・石井昭男打撃コーチ(1977中日3位)が「再生工場長」になる。秋季キャンプ初日の1日、指導を開始。「ユニホームの着方を忘れた」と笑ったが、腹づもりは明確。長年のスカウト活動でよく知る打者陣の再生だ。

スカウト時代の担当は関東がメイン。若手、中堅の野手は福田をはじめ、獲得に携わった選手がめじろ押し。「ほとんどの選手を知っている。僕らが見て、入れたんだから(見る目に)自信を持っている」とメリットを強調した。長年、外から見ていて、もどかしさを募らせていた。

「入団時よりうまくなっている感覚があまりない。ソフトバンクの選手を見ると野球を素直にやっている。中日はみんな同じ形になっていて、個性がない。コーチの問題ではなく、本人のとらえ方の問題。考えすぎて、反対の方にいってしまうことが中日では多々ある。何がよくて獲得したかを本人に言ってあげたい」と鋭く指摘した。

アマ時代の長所を脳裏に焼き付けているスカウトならではの指導が可能。初日はさっそく高橋らに熱血指導した。球団一体での選手育成を目指す中日で、スカウトのコーチ転身は今オフの目玉人事だ。担当は2軍が有力。眠っていた人材を掘り起こす。



下は1977ドラフトで中日が指名した選手です。打撃コーチに就任した石井昭男は3位指名入団。プロでの成績はこちら

中日の1977ドラフト指名選手
1位藤沢 公也日鉱佐賀関投手
2位小松 辰雄星稜高投手
3位石井 昭男東海大外野手
4位中林 伸人神奈川日大高投手
5位秋田 秀幸中央大内野手
6位児玉 克雅新日鉄光投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:39│ 中日 
ドラフトニュース検索