ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

鶴岡慎也(ソフトB)、移籍を前提にFA権行使へ

2017年11月06日

11/6、西日本スポーツ3面より
福岡ソフトバンクの鶴岡慎也捕手(2002日ハム8巡目)が国内FA権を行使する意思を固めたことが5日、分かった。移籍4年目だった今季は、若い甲斐の台頭もあって出場機会が激減。移籍後最少の29試合出場に終わった。今後は出場機会を求め、今季再取得したFA権を行使。宣言残留は選択肢になく、移籍先が見つからない場合は、引退も辞さない覚悟だ。

悩みに悩んだ末の決断だった。地元九州の鹿児島出身。日本ハムからホークスへFA移籍した際には「ここで野球人生を終えたい」と話していた鶴岡だが、チームの現状、自身の置かれた身を鑑み、移籍を前提とした権利の行使を決めた。

「ここの選手が好きだし、このチームが大好き。4年前、声を掛けていただいた球団にも感謝している。でも、まだ第一線でプレーしたいし、まだまだ自分でもできる自信がある。(権利の行使は)ものすごく悩んだけど、また一からやり直すつもりで決めました」

プロ15年目の今季は高谷、甲斐に次ぐ「第3捕手」に甘んじたが、シーズンを通して1軍起用し続けた工藤監督は「鶴岡君がいるから、安心して拓也(甲斐)を使える。このチームに無くてはならない存在」と絶大な信頼を寄せていた。

守備だけでなく、今季は打撃でも存在を示した。与えられた打席数が少ない中、1本の代打本塁打を含む、シーズン自己最多タイの3本塁打を記録。シーズン打率も.321の好成績を残した。DeNAとの日本シリーズでは第4戦の8回に代打出場し、先発の浜口から右中間を破る二塁打を記録。チームの初安打となる一打で、浜口のノーヒッターを阻止した。

来年4月に37歳を迎え、置かれる立場が厳しい状況であることは承知済み。だからこそ、引退覚悟で手を挙げる。球団には既に意思を伝えており、7日に正式表明する予定だ。



下は2002ドラフトで日ハムが指名した選手です。鶴岡慎也は8巡目で指名され入団。2014年よりソフトバンクへ。プロでの成績はこちら

日本ハムの2002ドラフト指名選手
自由枠 (行使せず)
自由枠 (行使せず)
1巡目 尾崎 匡哉 報徳学園高 内野手
2巡目 (指名権なし)
3巡目 鎌倉 健 川之江高 投手
4巡目 武田 久 日本通運 投手
5巡目 小谷野 栄一 創価大 内野手
6巡目 紺田 敏正 国士舘大 外野手
7巡目 池田 剛基 鵡川高 内野手
8巡目 鶴岡 慎也 三菱重工横浜 捕手
プロ入り後の成績 


draftkaigi at 07:02│ FA 
ドラフトニュース検索