ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

オリックス育成4位・木須デソウザ、肩の強さすごい

2017年11月07日

11/7、スポーツ報知websiteより (source)

オリックス育成4位 木須デソウザ・フェリペ
御殿場西高・捕手・動画

先月26日のプロ野球ドラフト会議でオリックスに育成4位で指名された御殿場西の木須デソウザ・フェリペ捕手が6日、御殿場市内の同校で牧田スカウトに指名あいさつを受けた。同スカウトは、同じ育成出身ながら日本一になったソフトバンクの正捕手の名前を挙げて「甲斐みたいになって欲しい」と、エールを送った。

期待の表れだった。藤枝市出身のスカウト歴9年目で、初めて地元出身の選手を獲得した牧田スカウトが、“恋人”の木須に熱視線を送った。「身体能力の高さ、肩の強さはすごい。オリックスのユニホームを着て育ててみたいと思った」と、指名の理由を明かした。

牧田スカウトが捕手として目標の存在に挙げたのが、ソフトバンクの甲斐だった。楊志館高から2010年にソフトバンク育成6位で入団した25歳。体も176センチ、73キロの木須に比べて、170センチ、75キロと小さい。入団3年目に支配下登録されると今季大ブレーク。日本シリーズでは千賀との育成バッテリーが実現し、「自信を与えてくれた」と、木須が目を輝かせた。

チームも当面は捕手で育てていく方針だ。「現在はホームの体当たりが禁止されているし、でかい捕手より、俊敏性のある選手が求めれる」という牧田スカウトの考えに合致するのが、まさに木須。未完成だが、脚力と肩には光るものがある。今後は、横浜在住で捕手経験のある上村スカウトが、“英才教育”する計画を明かした。

すでに、気持ちはオリックスの一員。特に、同じフルスイングが持ち味の吉田正に弟子入りを志願。「打撃を教えてもらいたい」。未完の大器が、プロの道へ飛び込む準備はできている。



下は2017ドラフトでオリックスが指名した選手です。

オリックスの2017ドラフト指名選手
1位田嶋 大樹JR東日本投手
2位鈴木 康平 日立製作所投手
3位福田 周平NTT東日本内野手
4位本田 仁海星槎国際湘南高投手
5位西村 凌SUBARU捕手
6位西浦 颯大明徳義塾高外野手
7位広沢 伸哉大分商高内野手
8位山足 達也ホンダ鈴鹿内野手
育1稲富 宏樹三田松聖高捕手
育2東 晃平神戸弘陵高投手
育3比屋根 彰人飛龍高投手
育4木須デソウザフェリペ御殿場西高捕手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 08:54│ オリックス 
ドラフトニュース検索