ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

来年ドラフト解禁の富山凌雅(トヨタ)、ソフトBが評価

2017年11月09日

11/9、中日スポーツ8面より

富山 凌雅 (トヨタ自動車・投手)
178cm・左投左打・動画

トヨタ自動車の高卒2年目左腕が初の全国大会で躍動した。都市対抗と日本選手権の2大大会で初登板の先発、富山凌雅投手(動画)が6回途中まで投げて2安打、7奪三振で2失点。2年連続の8強入りに貢献した。「後ろにはいい投手がいっぱいいる。先のことは考えずに1イニングずつ全力で投げました」

140キロを超える直球で内角を大胆に攻めた。直球を狙われているとみれば、スライダーや今年習得したツーシームで打たせて取る。1回に2四球を与えたが、2~5回は1人の走者も出さない完全投球だった。2―0の6回1死から初安打を許し、満塁のピンチを招いて降板。

リリーフが同点打を浴びて勝利投手こそ逃したが、先発としては十分な働きだった。「5~7回までゼロに抑えるのがテーマだった。6回も抑えて代わりたかったけど、結果的に良かったと思う」と富山。桑原大輔監督も「打者の手元で力のある球を放る。しっかり準備して投げてくれた」と合格点をつけた。

九州国際大付高時代は甲子園で活躍。14人きょうだい(富山は6番目で三男)であることでも話題になった。140キロ台前半だった直球の最速は今や147キロ。体も一回り大きくなった。

3年目を迎える来年はドラフト解禁イヤー。「意識している。この大会でいいところを見せないと名前が挙がってこない。チャンスと思って投げた」。視察したソフトバンク・山崎スカウトは「降板するまでしっかり試合をつくった。きょうは球速こそ出ていなかったが、来年のドラフト候補と言える投球を見せてくれた」と話した。チームの勝利に貢献し、アピールにも成功した。

(11月8日 日本選手権2回戦 トヨタ自動車 3―2 東京ガス)



富山君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 08:43│ ソフトバンク 
ドラフトニュース検索