ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

オリックス育成3位・比屋根彰人、中村紀洋みたいに

2017年11月10日

11/10、スポーツ報知websiteより (source)

2017オリックス(育成)3位 比屋根彰人
飛龍高・内野手・動画

先月のドラフト会議でオリックスから育成3位で指名された飛龍・比屋根彰人が9日、同校で牧田スカウトらのあいさつを受けた。高校では4番・投手だった男はすでに、野手一本で勝負する覚悟で「三塁をやりたい」と、プロ入りに前向き。

福良監督のサインとTシャツをプレゼントした担当の牧田スカウトは「ノリさんみたいになってほしい」と、オリックスと合併する前の近鉄で、ホームランキングにも輝いた中村紀洋氏の名前を挙げた。

共通点は多い。中村氏も高校時代は投手を経験。右のスラッガーで、高校通算36本塁打放った比屋根も持ち時は長打力だ。当時、育成ドラフトはなかったが、中村氏は近鉄4位指名と、上位ではなかった。「まずは、支配下選手になることだけど、5年後にクリーンアップを打てる打者になってほしい」と、牧田スカウトが期待を寄せた。

ドラフト指名を受けてから、食事と睡眠には意識している。あいさつの席上、牧田スカウトから「秋季キャンプでは、先輩たちはえげつないほど走ってる」と、聞かされ、いや応なく、やる気も芽生えてきた。

2010年に興南高で春夏連覇した沖縄の先輩に弟子入りを志願した。甲子園では遊撃手だった大城滉二内野手は、2015年に立大からドラフト3位で入団し、今季は主に、二塁を守った。「憧れていた選手。分からないことは、教えてもらいたい」。比屋根が目標にしていた選手と同じ土俵に上がる。



下は2017ドラフトでオリックスが指名した選手です。

オリックスの2017ドラフト指名選手
1位田嶋 大樹JR東日本投手
2位鈴木 康平 日立製作所投手
3位福田 周平NTT東日本内野手
4位本田 仁海星槎国際湘南高投手
5位西村 凌SUBARU捕手
6位西浦 颯大明徳義塾高外野手
7位広沢 伸哉大分商高内野手
8位山足 達也ホンダ鈴鹿内野手
育1稲富 宏樹三田松聖高捕手
育2東 晃平神戸弘陵高投手
育3比屋根 彰人飛龍高投手
育4木須デソウザフェリペ御殿場西高捕手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 08:30│ オリックス 
ドラフトニュース検索