ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

日ハム、「藤原・根尾(大阪桐蔭)はレベル違う」

2017年11月12日

11/12、日刊スポーツ4面より
本調子でなくても、勝ちきるのが今の大阪桐蔭だ。4―2と2点差となった6回から柿木(動画)が、新チームになって初のリリーフ登板。最速は140キロにとどまったが、4回1安打無失点に抑え、4強入りに導いた。

実は初の明治神宮大会の環境に慣れず「肩のコンディションが悪かった」と、調整がうまくいっていなかった。それでも「その中でも優勝している学校は優勝している。力を付けないと」と、言い訳なしで反撃を振り切った。

新チーム結成後、初の全国大会。大阪桐蔭には、00年生まれで「ミレニアム世代」と呼ばれる世代の才能あふれる選手が多く集う。柿木に加えて横川凱投手根尾昂内野手(動画)藤原恭大外野手ら来秋のドラフト候補がずらり。11連勝で迎えた今大会。選手は口をそろえて「無敗」を目標に掲げる。

▼日本ハム・山田スカウト顧問
「(大阪桐蔭のメンバーについて)立浪や片岡がいた時代のPL学園みたいだね。レベルが違う。特に、藤原と根尾。センバツ大会でも優勝候補筆頭でしょう」


(11月11日 明治神宮大会2回戦 大阪桐蔭 4―2 駒大苫小牧)



根尾君のスカウト評はこちら

藤原君のスカウト評は
こちら



draftkaigi at 11:37│ 日本ハム 
ドラフトニュース検索