ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

中日ドラフト、ソフトBのドラフト戦略から学べ!

2017年11月16日

11/15、中日スポーツ3面「竜盛再び」より
2005年からスタートした育成ドラフト。ソフトバンクは12球団でいち早く3軍制を導入した。今年の育成ドラフトでも6人を指名したが、獲得の際に明確な指針はあるのか。後藤球団社長兼オーナー代行はこう説明した。

「スカウトチームに信託し、権限移譲している。月に1度、スカウトの中でけんけんごうごうの議論がある。スカウトの腕の見せどころはドラフト2位以下と、それから育成枠。育成のところはこいつだけは入れたいとか、極力、スカウトの熱意を買ってあげるようにしている。各スカウトのこだわりをリスペクトしたい」

情報を集め、足を棒にして視察した専門職に全幅の信頼を置き、獲得数の大枠だけを決めて人選は任せる。そして大きな特徴は、高校生主体のドラフト戦略。育成を含めて毎年ドラフトで10人前後を指名するが、2014年以降その内訳は高校生19人、大学生6人、社会人1人だ。

後藤球団社長はその狙いに関して「3軍のシステム、教育、筑後の施設を含めて12球団一の準備をしていることを、スカウト陣にアピールしてもらう。高校生の素晴らしい素材に入っていただき、徹底的に面倒を見る」と強調。さらに育成ドラフトに関してこう続けた。

「ご家族にも、『育成で取るんじゃなく、ソフトバンクグループで取るんですよ』と。球団の強みとして常にアピールしている。これは別に誇大広告じゃない。スカウトにも特に厳しく言って説明してもらっている。そうすると思い切って多くの高校生を指名できる。社会人で2、3年、大学生で4年やるより、野球を極めるなら『ソフトバンク大学』に入ったつもりでやれよと・・・。それで甲斐も出てきた。千賀なんて誰も育成なんて思わない」

メジャーにも劣らない練習設備、育成選手でも多くの実戦を積むことができる3軍導入。スキルを磨きステップアップを遂げる土壌が、しっかりと横たわっている。

一方、中日は2005年以降、育成ドラフトで19人を指名(1人入団拒否)、5人を支配下登録した。ただ、残念なことに侍ジャパンに選出された千賀(2010育成4位)や、育成出身捕手で初のゴールデングラブ賞を受賞した甲斐(2010育成6位)のようなシンデレラストーリーを描いた選手は皆無。

今や1軍に定着した育成出身の亀沢(2010育成2位)は、ソフトバンクの育成期間の3年が終了した際に、当時の佐伯2軍監督が目をつけ、支配下登録で獲得した選手だ。

育成の星・千賀は全国的には無名の愛知・蒲郡高出身。ソフトバンクは担当スカウトが名古屋市のスポーツ用品店店主から情報を仕入れ、実際に見た上で2010年の育成ドラフト4位で獲得した。当然、中日の調査網にも「蒲郡高の剛腕」の名前はあった。担当スカウトから「どうしても気になる」という声もあったが、時間がかかると最終評価され、指名するには至らなかった。

毎年のように一定数を育成ドラフトで指名するソフトバンクに対し、中日は指名する年もあれば見送る年もある。育成に関して確固たる指針がないことは指標となる数字に如実に表れている。

今季ソフトバンクの育成選手で最も打席に立った幸山は今季2、3軍を通じて316打席。中日の育成選手の渡辺は、114打席と実にその半分にも満たない。2軍は育成の場と同時に1軍選手の再調整の場にもなり、育成の機会を奪う側面がある。だからこそソフトバンクや巨人は、実戦の場を与えるため3軍を導入した。

逆の発想で若手を育成するのが、日本ハムだ。育成選手は保有せず、支配下選手枠も12球団最少の65人前後。強化対象の打者なら結果にとらわれず2軍で300打席以上を立たせ、次々と1軍で通用する選手を育成していく。現状の中日のスタンスとは一体・・・。育成方法を改革する時期にさしかかっている。



下は2014~2016ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。

ソフトバンクの2016ドラフト指名選手
1位 田中 正義 創価大 投手
2位 古谷 優人 江陵高 投手
3位 九鬼 隆平 秀岳館高 捕手
4位 三森 大貴 青森山田高 内野手
プロ入り後の成績


ソフトバンクの2015ドラフト指名選手
1位 高橋 純平 県岐阜商高 投手
2位 小沢 怜史 日大三島高 投手
3位 谷川原 健太 豊橋中央高 捕手
4位 茶谷 健太 帝京三高 投手
5位 黒瀬 健太 初芝橋本高 捕手
6位 川瀬 晃 大分商高 内野手
プロ入り後の成績


ソフトバンクの2014ドラフト指名選手
1位松本 裕樹盛岡大付高投手
2位栗原 陵矢春江工高捕手
3位古沢 勝吾九州国際大付高内野手
4位笠谷 俊介大分商高投手
5位島袋 洋奨中央大投手
プロ入り後の成績


ソフトバンクの歴代ドラフト指名選手とプロ入り後の成績はこちら

draftkaigi at 07:50│ 中日 | ソフトバンク
ドラフトニュース検索