ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

中日ドラ3・高松渡、「京田さんに負けたくない」

2017年11月16日

11/16、中日スポーツ2面より

2017中日ドラフト3位 高松渡 
滝川第二高・遊撃手兼外野手・動画

中日からドラフト3位指名を受けた兵庫・滝川二高の高松渡内野手(動画)が15日、兵庫県内のホテルで入団交渉に臨み、契約金5000万円、年俸600万円で仮契約を結んだ。背番号は未定。50メートル5秒8を誇る韋駄天は、プロでの目標を7年目での1億円プレーヤーに設定。さらに母校に屋内練習場を建てる野望も明かした。

プロの世界で「1億」という数字は誰もが憧れ、目指す一流の証しだ。もちろん高松もその一人。「1億円は稼いでみたい金額です。25歳くらいまでに到達してみたい」と決意を語った。25歳、つまりは7年目のオフになる。これは竜の高卒新人野手で最も早く到達した球団OB・立浪和義さんに並ぶことになる。

「立浪さんより早く到達はちょっと・・・」と恐縮したが、プロでも一握りしかいない存在を目指すその目は本気だ。

一流の仲間入りをしたら果たしたい野望もある。プロの扉を開いてくれた母校への恩返しだ。甲子園出場4度を誇る強豪・滝川二高だが、屋内練習場がなく、雨天時は限られた場所でしか練習できない。後輩のために何ができるかと考えた結果だ。「誰にも知られる選手になってから建てて『高松記念館』なんて名前がついたらいいな」と白い歯を見せた。

期待ばかりが膨らむが、簡単な世界ではないことは百も承知だ。希望する遊撃の位置には今季レギュラーに定着した京田がいる。だが「僕が遊撃を守りたい。負けたくない」と闘志を燃やす。まずは絶対の自信を持つ足でアピールし、スターへの階段を駆け上がる。



下は2017ドラフトで中日が指名した選手です。3位指名・高松君のスカウト評はこちら

中日の2017ドラフト指名選手
×中村 奨成   
1位鈴木 博志ヤマハ 投手
2位石川 翔青藍泰斗高投手
3位高松 渡滝川二高内野手
4位清水 達也花咲徳栄高投手
5位伊藤 康祐中京大中京高外野手
6位山本 拓実市立西宮高投手
育1大蔵 彰人四国IL・徳島投手
育2石田健人マルク龍谷大投手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 13:40│ 中日 
ドラフトニュース検索