ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

福田俊(星槎道都大)、巨人「来年が楽しみ」

2017年11月16日

11/16、日刊スポーツwebsiteより (source)

福田 俊 (星槎道都大・投手)
170cm・左投左打・動画

北海道勢の初優勝ならず。星槎道都大は、0―3で日体大に敗れた。最速148キロの左腕エース福田俊(動画)が5回に先制2ランを献上。今大会3試合で先発した主戦の奮闘も及ばなかった。大会初勝利から北海道勢初の決勝進出の原動力となった左腕は、経験を糧に来季の全国制覇を目指す。

左翼席に飛び込んだ打球を、福田はぼうぜんと見送った。5回1死一塁。日体大の3番船山への136キロ直球を痛打され、決勝2ランを献上した。「あー、いったなーと思った。外角を狙ったが真ん中に入ってしまった。失投です」。4回まで無失点に抑えていた。痛恨の1球に泣き、直後にマウンドから降りた。

2回戦、準決勝と3日間で209球。志願して3戦連続で先発した。疲労はあった。リーグ戦で未経験の連投。130キロ台後半の直球にバラつきがあった。スライダー、チェンジアップの変化球で打者をかわそうとした。毎回走者を許し「疲れがあったといえばそれまで。まだまだ実力不足です。チームのみんなには申し訳なかった」。最後まで言い訳は一切しなかった。

6度目の出場で神宮初勝利を挙げ、決勝まで進み、その中心に福田がいた。12日の初戦、創価大戦は4安打、11奪三振の完封で全国デビュー。登板3試合で防御率0.98の快投を見せ、注目が集まった。巨人・柏田貴史スカウトは初戦後「大きく腕を振れているし、制球も良い。来年が楽しみ」と話した。

今春、軸足に痛みがあった。秋も完全な状態ではなかった。来季を万全の状態で迎えるため、12月に左足関節内のクリーニング手術を受けてオフを過ごす。

(11月15日 明治神宮大会決勝 日本体育大 3―0 星槎道都大)



福田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 15:00│ 巨人 
ドラフトニュース検索