ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

水野滉也(DeNA戦力外)、育成選手として再スタート

2017年11月19日

11/18、神奈川新聞8面より

2016DeNAドラフト2位 水野滉也
東海大北海道・投手・動画

ドラフト2位で今季入団した水野滉也投手(2016DeNA2位)が2年目の来季、育成選手として再スタートを切る。5月の1軍デビュー直後に右肩痛を発症。一進一退の状態が続き、実戦復帰を果たせず1年目を終えた。新人では異例の再契約。球団幹部から「治療に専念してほしい」と説明を受けた右腕は「育成契約は全く想定していなかった。不安がよぎったけど、今は来季のことを考えられている」と胸の内を明かした。

今月上旬。2軍施設のブルペンでサイドスローが繰り出した白球は、ストライクゾーン低めに構えた捕手のミットを軽快に鳴らした。ボールの切れは半年前の1軍登板時と遜色ない。水野は「1週間くらい前にやっと100%の状態になった。思い切り投げられる」とうなずいた。

入団前の昨秋から右肩に不安を抱え、春季キャンプは2軍スタート。地道な調整でコンディションを上げ、5月3日の巨人戦で1軍初登板初先発。五回途中3失点とまずまずの結果を残した、その数日後だった。右肩に再び違和感を覚えたという。以降はブルペン入りできるまでに回復したかと思えば、予期せぬ痛みに襲われた。

「今までとは違って投げられる、投げられないの繰り返し。うまくいかないことだらけでイライラした」。復活を期し、グラウンドで汗を流した。オフに手術を行う予定はないという。自主トレも右肩の状態を考えて寒冷地の地元・北海道には帰らず、横須賀で過ごす計画だ。不安はあるものの「球団としては肩を思ってくれてのことだと思う」と前向きに捉え、復活を見据える。

原動力の一つが2桁勝利、ポストシーズンでも大活躍を果たした同期の浜口の存在だ。「浜口が頑張っているのを見て、自分もあの舞台で投げたいと思った。来年こそは浜口に勝ちたい」



下は2016ドラフトでDeNAが指名した選手です。2位指名・水野君のスカウト評はこちら


DeNAの2016ドラフト指名選手
× 柳 裕也    
× 佐々木 千隼    
1位 浜口 遥大 神奈川大 投手
2位 水野 滉也 東海大北海道 投手
3位 松尾 大河 秀岳館高 内野手
4位 京山 将弥 近江高 投手
5位 細川 成也 明秀学園日立高 外野手
6位 尾仲 祐哉 広島経済大 投手
7位 狩野 行寿 平成国際大 内野手
8位 進藤 拓也 JR東日本 投手
9位 佐野 恵太 明治大 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:43│ 戦力外通告 
ドラフトニュース検索