ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

ドラフト選手の家庭の事情、鈴木博志(ヤマハ)

2017年11月22日

11/22、日刊ゲンダイ30面「ドラフト選手の家庭の事情」より

2017中日ドラフト1位 鈴木博志
ヤマハ・投手・動画

最速150キロ超の直球を武器に1年目から守護神として期待される右腕だ。ヤマハ・鈴木(動画)はメジャーを代表するクローザーの一人であるレッドソックス・キンブレル(今季35セーブ)を目標にしているという。

個人で大工業を営む父・隆美さん、中国・大連出身の母・英美さんとの間に生まれた長男。大坂小3年時に同級生に誘われ、地元の大坂少年野球団で野球を始めた。少年野球でも速球派として鳴らし、度々、ピンチを救ってきた。

「県大会の負け試合ではありましたが、2死満塁の場面で起用されたことがありました。簡単に抑えたのを見た時は、『うちの子はひょっとしたら、将来性があるのかもしれない』と感じましたね。親バカと言われるかもしれませんが」(隆美さん)

高校は県内の強豪である掛川西、浜名を春夏合わせて4度の甲子園に導いた山内克行監督の熱心な誘いもあって磐田東へ。1年夏からベンチ入りし、2年秋には背番号「1」を背負うが、3年時には右肘痛で結果を残せず、エースの座から陥落。磐田市など複数の病院で診察を受けても、右肘の痛みの原因が分からない。

夏の県予選では、控え投手としてマウンドに上がったが、一向に痛みは引かず、本人は一時、野球をやめることを真剣に考えたという。社会人チームのトレーナーの紹介で名古屋のスポーツドクターの診察を受けたところ「疲労骨折」と判明。10月に患部にメスを入れた。

手術は患部に内視鏡を入れ、折れた骨をボルトで接合するというものだった。隆美さんは「夫婦で病院に付き添いましたが、手術が終わるまでの1時間半は祈るような気持ちでした。肘に痛みが出てから3~4カ月投げ続けていたので、早く原因が分かっていれば、手術せずに済んだかもしれません。ボルトは今でも入っています」と振り返る。

執刀した医師からは「3カ月もしたら、軽くならボールを投げられるようになりますよ」と説明を受けても、故障前のような球威が戻る保証はない。ヤマハ入社後、1年間はリハビリに費やした。故障に悩む姿を目の当たりにしてきた隆美さんは「プロではケガをせずに、長年にわたって活躍できる選手になってほしい」と話す。

5歳下の妹・友紀さんは現在、女子バレーボールの強豪である愛知・豊橋中央高に越境入学。1年生ながら身長は175センチを超え、すでにアタッカーとしてベンチ入りしている。近い将来、日本を代表するアスリートきょうだいとして世間の注目を集めることはできるか。



下は2017ドラフトで中日が指名した選手です。1位指名・鈴木君のスカウト評はこちら

中日の2017ドラフト指名選手
×中村 奨成   
1位鈴木 博志ヤマハ 投手
2位石川 翔青藍泰斗高投手
3位高松 渡滝川二高内野手
4位清水 達也花咲徳栄高投手
5位伊藤 康祐中京大中京高外野手
6位山本 拓実市立西宮高投手
育1大蔵 彰人四国IL・徳島投手
育2石田健人マルク龍谷大投手


draftkaigi at 07:10│ 中日 
ドラフトニュース検索