ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

西武ドラ5・与座海人、制球力と球のキレは即戦力

2017年11月24日

琉球新報websiteより (source)

2017西武ドラフト5位 与座海人
岐阜経済大・投手・動画

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)で、埼玉西武ライオンズからドラフト5位で指名された岐阜経済大4年の與座海人(動画)が22日、入団交渉に臨み、合意した。契約金や年俸は非公開。背番号は12月7日の入団発表会見で披露される。

同日、岐阜県の大垣フォーラムホテルで、埼玉西武ライオンズの安達俊也育成・アマチュア担当と会見を開いた與座は「1年目から期待に応えられるような投球をしたい」と抱負を述べた。

與座は右の下手投げ。最速132キロの直球とスライダー、シンカーなどを織り交ぜる投球が持ち味だ。緩急をつけ、コースを丁寧につく。取材陣から対戦したい選手を聞かれると、與座は日本ハムからドラフト1位指名された東京・早稲田実業高の清宮幸太郎の名前を挙げ「自分の持っているものを出して打ち取りたい」と意欲を見せた。

安達育成・アマチュア担当は與座について「抜群のコントロールと球のキレはプロでも通用すると思う。辻発彦監督からも『先発、中継ぎとしてフル回転し1軍でライオンズのために活躍してほしい』とメッセージがあった」と期待を寄せた。

会見に同席した岐阜経済大学野球部の小森茂監督は「じっくり体をつくって長く選手生活を送ってほしい。日本球界を代表するアンダースロー投手になって、日の丸をつけて国際大会に出てほしい」と語った。どのような選手になりたいか尋ねられた與座は「どこのポジションでも与えられた場所で自分の仕事をして、勝てる投手になりたい。沖縄の人の応援してくれる思いも背負って頑張りたい」と拳を握った。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。5位指名・与座君のスカウト評はこちら

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 07:00│ 西武 
ドラフトニュース検索