ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

凄腕スカウト部長のドラフトの朝

2017年11月25日

朝日新聞websiteより (source)

2017日本ハムドラフト1位 清宮幸太郎
早稲田実・一塁手・動画

2017年10月26日午前8時。プロ野球ドラフト会議が始まるまで、あと9時間。日本ハムの大渕隆スカウト部長は東京都八王子市にある、早稲田実野球部の「王貞治記念グラウンド」にいた。左打席の土に、そっと左手を置く。「ドラフトの朝って、することないじゃん。でも、居ても立ってもいられない、というかさ」

1位指名が決まっていた清宮幸太郎(動画)は、ここで汗を流し、声をからし、この打席でバットを振っていた。2年あまりの月日に思いをはせながら、土に触れた。国内の試合は当然、9月にカナダ・サンダーベイであったU18ワールドカップにも足を運んだ。1球1打を注視するのはもちろん、性格を把握しようと、ベンチや試合後の行動も見逃さなかった。

2010年、斎藤佑樹を1位指名する日も、東京都西東京市にある早大野球部の東伏見グラウンドを早朝、訪れた。「テレビ局のスタッフがいて、躊躇したけどね」。2014年に有原航平を指名するときも、朝、東伏見に行った。自身も早大野球部出身。後輩たちと縁があることを念じた。

どんなに手を尽くしても、最後は運頼みになるのがドラフトだ。それでも、後悔だけはしたくない。「当日は、もう何にもできないけどさ、練習場の空気を会場に持って行きたいんだよ」。選手への熱意が、大渕部長をいつも突き動かしている。

16日の仮契約会場、24日の新入団発表、いずれも大渕部長の姿があった。表情は厳しい。「何も終わってないよ。1月の合同自主トレ、2月のキャンプ。ホッと、なんてできるわけないじゃん」。これからは、「日本ハムの清宮」を見守っていく。



下は2017ドラフトで日ハムが指名した選手です。1位指名・清宮君のスカウト評はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位清宮 幸太郎早稲田実高内野手
2位西村 天裕NTT東日本投手
3位田中 瑛斗柳ヶ浦高投手
4位難波 侑平創志学園高投手
5位北浦 竜次白鴎大足利高投手
6位鈴木 遼太郎東北学院大投手
7位宮台 康平東京大投手


draftkaigi at 07:02│ 日本ハム 
ドラフトニュース検索