ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

ドラフト事件簿、8球団競合も入団拒否した小池秀郎

2017年12月02日

12/2、スポーツ報知5面「あの時」より

1992近鉄ドラフト1位 小池秀郎
松下電器・投手・23歳

「はらわたが煮えくり返るほど悔しい。断腸の思いだ」。90年12月12日。ロッテは、小池秀郎(1992近鉄1位)の獲得断念を表明した。監督の金田正一が無念の思いを絞り出した。隣席には神妙な面持ちの、スカウト部長の醍醐猛夫。本人との再交渉は果たせず、最後は、重光オーナーが断を下した。

先入観を持たれがちだが、小池秀郎という青年は「普通のいいヤツ」だった。それが当時取材した報道陣に共通する小池評である。ショッピングに記者が密着しても、嫌な顔をするわけでもない。下宿の部屋にカメラマンを招き入れて撮影に応じることもあった。取材攻勢にさらされながら、ギスギスしたところが不思議となかった。

小池は、プロ入りを「就職」と表現した。同年代の普通の学生と同じように、希望する企業への意志を貫いた就活の結果が、入団拒否だった。そう置き換えると、合点もいく。

卒業後、松下電器に進んでからはひじの故障に苦しんだ。2年後、92年のドラフトでは近鉄に単独1位指名で入団する。プロ通算51勝。97年に15勝で最多勝も獲得したが、完全に素質が開花したとは言い難い。醍醐には、その意味でも悔いが残る。

初めて小池を見たのは亜大2年。タメの利いた理想的なフォーム、リリースの瞬間のキレ。球が生きていた。「2年後は1位で」と一目ぼれした。「カネやんは、指導者として絶対的に優れたものを持っていた。ウチに入っていたら、10年間は10勝前後でいけたんじゃないか。100勝はできたと思う」

93年秋。ロッテの2軍監督となった醍醐は高知の黒潮リーグにいた。初戦が近鉄戦。走り寄って来る人影があった。小池だった。「醍醐さん、あの時はすみませんでした!」。深々と頭を下げたのである。「大した男だなと思ってね。あれで留飲が下がったねえ・・・」



下は1990ドラフトでロッテが指名した選手です。小池秀郎に8球団が競合し、抽選の末、ロッテが交渉権を獲得するも入団拒否しました。

ロッテの1990ドラフト指名選手
1位小池 秀郎亜細亜大投手
2位定詰 雅彦新日鉄広畑捕手
3位五十嵐 章人日本石油外野手
4位吉井 英昭苫小牧工高投手
5位池田 宇隆柳川高捕手
6位榎 康弘東海大甲府高投手
プロ入り後の成績



下は1992ドラフトで近鉄が指名した選手です。ロッテを拒否し松下電器に進んだ小池秀郎は近鉄に1位指名され入団。プロでの成績はこちら

近鉄の1992ドラフト指名選手
1位小池 秀郎松下電器投手
2位吉田 道東海大相模高投手
3位内匠 政博日本生命外野手
4位衣川 幸夫育英高捕手
5位大島 公一日本生命内野手
6位渕脇 芳行大阪桐蔭高内野手
7位久保 充広近大付高捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:54│ ドラフトのウラ話 
ドラフトニュース検索